三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました♪

24日(日)が運動会で、昨日はその代休でした。
毎年微妙な天気で寒かったり、雨で延期になったりの運動会ですが
何とか最後まで天気がもってくれて良かったです。
五月の爽やかさはどこへやらの肌寒い運動会でしたけど;;
で、毎年恒例の代休おでかけで
今年はジブリ美術館に行ってきましたheart04
運動会後にツタヤで借りてきた
『パンダコパンダ』と『天空の城ラピュタ』を鑑賞して
すっかりジブリモードになって床につき、
朝からおでかけしましたhappy01
・・・でも、子供達には着くまで内緒。
なんでいきなりジブリのDVD見るのか分からない様子でしたが、
楽しんで見ていたので良かったですshine
長女は家でも車の中でもずっと
「ねぇ、どこにおでかけするの~!?」
と知りたくて仕方ない様子でしたcoldsweats01







美術館には駐車場が無いので
近くのコインパーキングに駐車しました。
沢山パーキングはあったんですが値段はまちまちなので
旦那が事前に調べておいた一日最大800円のタイムズに駐車。
(基本はどこも大体20分100円)
井の頭公園内を歩いて美術館へ向かいました。





Photo途中、この看板がありましたが
ザウルス達は全く気付かず(笑)。
旦那と笑ってしまいましたhappy01
まぁ、こうなると入口に着いてからの
リアクションが楽しみですけどshine
私も旦那も今回が初めてなので
ネットで調べた程度しか
どんなところなのか分かっていません。
楽しみ楽しみheart04





Photo_2入口に着いて、
ようやく目的地が分かったザウルス達。
・・・でも、
どんなところかイマイチ分からないらしく
反応は割と冷静でした。
・・・・・・チッ( ̄З ̄)





Photo_3でもこの大きなトトロのお出迎えには
ちょっと興奮していましたshine
受付にトトロが座っていたんですhappy01
足元には まっくろくろすけheart04
私の後ろに
『ほんものの受付→』
という看板もありました(笑)。
さぁ、
いよいよ入場ですheart02







ここは完全予約制なので、
ネットで予約してローソンでチケットを購入しました。
私たちの予約時間は12時。
完全入れ替え制ではないので
早い時間の方が人数が少なく、見て回りやすいと思います。
館内の撮影は禁止なので文字だけになりますが、
最初に短編アニメ『やどさがし』を見ました。
これは一度の入場で一回しか見れないので
入口で貰った券にハンコをついて貰っての入場でした。






Photo_5 これが入場券です。
ちょっと分かりにくいですが
ジブリ作品のフィルムが
記念としてついていましたshine
千と千尋が二枚、
ゲド戦記一枚(多分ね;;)、
分からないのが一枚でしたcoldsweats01
あ、美術館の入場料は大人千円、
小学生400円、幼児100円でした。







『やどさがし』はなかなか面白かったですheart04
効果音も声で表現していたりして、作り方が独特な感じでした。
最後に声優さんの名前(二人)が出てきて
会場のお客さんが驚くやら納得するやらhappy01
子供達も喜んでいました。
これは一階だったので
アニメが出来るまでの部屋を見た後、
狭くて小さい螺旋階段で三階まで上がりました。
普通の階段もあったんですが
物語に出てきそうな可愛いのだったんで、
私が上りたくてそこを選びました(笑)。
高所恐怖症の長女は怖がってましたけどcoldsweats01







三階にネコバスルームがあって、
そこで子供達はネコバスの感触を楽しみましたheart04
小ぶりなサイズでしたが屋根にも上れるしっかりした作りで
まっくろくろすけのぬいぐるみも沢山あって楽しそうでしたshine
次女は頭の方から屋根に上れば良いのに側面から上っていて、
ネコバスの毛を思いっきり鷲掴みにしていましたcoldsweats01
そして滑り台のようにするんと降りて、
散らばっているまっくろくろすけをネコバスの中に全部放り込み、
自分もネコバスの中になだれ込んでいきました(笑)。
もう少しネコバスのサイズか大きくて、
5分交代じゃなくせめて10分交代だったら
もっと楽しめたのになぁと思いました。
月曜日といっても混雑していたので仕方ないとは思いますが・・・。







ネコバスルームの外の階段を上がって、
私が楽しみにしていた人(?)に会えましたhappy01
Photo_8ラピュタに出てくる『まもり神』ですheart04
これをいきなり見ると
子供達が怖がるかもしれない、と思い
前日に予習していたのでしたhappy01
予習していた効果はバッチリsign03
次女は「へいたいさん、カワイイ♪」
と喜んでいました。
まぁ戦うシーンもありますが
鳥の巣の卵を大事にするシーンや
花を摘んでパズー達に渡すシーン、
小鳥たちと穏やかに過ごしているシーンで
私はこの『まもり神』が好きになったので
子供達もそれを分かってくれたみたいですheart04
この後ろにラピュタの紋章が落ちていました。
どんどん人が入れ替わって撮影するので
紋章は写真に収められず;;
も少し撮影しやすい場所にあったらなぁ;;
・・・あ、館内は撮影禁止ですが
外になってる部分は撮影OKでした。





Photo_9まもり神から更に奥に行くと
ラピュタ文字が書かれた、
こんなオブジェがありました。
長女、ムスカ(?)さながらに
手のひらを置いてみましたhappy01
しかし、日に照らされて
オブジェの熱いことwobbly
ここやまもり神のスペースは広くなく、
人の入れ替わりが激しい上に
階段も広くないのでちょっと大変でした;;
日曜はもっとスゴイんでしょうね・・・。





Photo_10まもり神辺りから撮影した入口付近など。
公園内にあるので
本当に森の美術館といった感じ。
テーマが『迷子になろうよ、いっしょに』
だからだとは思いますが
入口で貰ったパンフレットには
絵で描かれた図に大まかな説明があるだけで
館内にもあまり案内がありませんでした。
・・・出る時に出口が分からず、
少し迷っちゃいましたcoldsweats01





この後ポニョ展やショップ、
アニメを作る現場の部屋などを見て休憩しました。
Photo_11その名もカフェ『麦わらぼうし』。
次女がお腹が空いたと言うので
ここに来たんですがアイスがあるとなると
途端にアイスに変更しましたdash
次女はこの看板にある
ピンクのアイスが良い、と言いましたが
メニューを見たらミルク、抹茶、バナナ、
カシス、丹波黒豆・・・などで無い;;
長女はミルク、次女はバナナにしました。





Photo_12これ、メニューです。
紅の豚・・・かな?
ホットドックなどに比べて
麦茶が80円て安いなぁflair
まぁメニュー下にある、
紙コップでしたけど・・・sweat01
チキンカツサンドは
他のお客さんのをチラ見しましたが
ちょっと一つじゃ物足りない感じでした。
ビールは『風の谷のビール』となっていて
ジブリっぽかったので、
他のメニューもそういうのだったらな・・・と
ちょっと思いました。
パンダコパンダに出てきたカレーや
トラちゃんのクッキー、
ラピュタでパズーとシータが
目玉焼き半分こして
パンにのせて食べてたやつとか、
千と千尋で食べてた肉まん(だっけ?)とか・・・。





Photo_13カフェの階段を下りると
パティオがありました。
そこには、トトロで出てきたような
水汲みがありました。
順番に並んでから
長女、次女の順で挑戦しました。
最初はなかなか上手く出ませんでしたが
コツを掴むとザバッと出てきてましたhappy01
ここで過ごすこと20分ほど;;







一通り見終わって三時間ちょっと。
帰る時間も考えると長居できないので、
出口を探し当てて外に出ました。
楽しかったですが、
子供が遊べるような物が少ししかないのが残念でしたsweat01
ナウシカのオウムの抜け殻のオブジェ(中に入って遊べるもの)、
トトロでメイが通った木のトンネルや
トトロのフワフワドーム(メイが穴に落ちてお腹にのった時を再現)など、
子供達がその映画の世界に入ったと思えるようなところがあれば
もっと楽しめたと思いますshine
さぁ・・・、来年の代休はどこへ行こうかな?happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちご狩り後の夕食♪

タイトル見ると
いちご狩り後すぐに食べに行ったみたいですがcoldsweats01
お店を見たり色々してから食べに行きました。
いちごを大量に食べたせいなのか
みんなお通じがとても良くなり、
長女なんて夕食までに3回も良いのが出ましたgood
・・・って、夕食の話なのにすみませんsweat01







夕食に向かったのはパルティーレ渋川店note
ネットしてて見つけたお店なんですが、
造りも可愛い雰囲気だった点と
イタリアン食べ放題に惹かれました・・・shine
・・・いちごも食べ放題だったくせにねcoldsweats01
ここもHPにクーポンがあって、プリントアウトしましたheart04
パルティーレのHPはこちら↓
http://www.dan-b.com/partire-s/index.htm
クーポンは大人が50円引き、
子供は30円引きだったんですが
値引前の金額が大人1250円、
小学生780円、幼児480円、三歳以下無料というから
かなりリーズナブルshine
安いなりかも・・・とあまり高望みせず、いざお店へ。





Photo_9ディナーは五時からだったので
混雑する前に行こう、と
五時半頃お店に到着note
外観も結構お洒落で可愛くて
ちょっと期待が高まりましたshine
石造りになっているお店、
私はか~な~り好みですheart04






Photo_10店内もなかなかの雰囲気shine
まだお客さんが少なかったので
好きな席へ着けました。
・・・が、
料理もデザートも取りに行きやすい席にしたら
入口に近くて
お客さんが来る度少し寒かったですsweat01






Photo_11パスタ7種類とグラタン(左端)、
ポテトフライがありましたheart04
グラタンの横には
スープ三種類とカレー、ライスがありました。
この日のスープはコーンポタージュ、
玉子スープ、ミネストローネ。
次女はコーンポタージュをおかわりしましたshine






Photo_12こちらはピザheart02
普通のピザ7種類くらいと、
デザートピザが5種類くらいありました。
ピザの隣にはサラダバーとパン。
パンは二種類でしたが
時々焼き立てが出てきてました。






Photo_13ピザ生地をのばしているところ。
作っているのを見られるのも
窯で焼いているのも良かったです。
・・ただ、たまに焦げ気味のピザもsweat01
ピザやパスタは次々と焼き立てが出てくるので
とっても嬉しかったですshine
空いたお皿をスタッフさんが
こまめに下げに来てくれるのも良いしhappy01






Photo_14こちらは十種類のジェラートheart01
自分で器に盛れるのが良いですねshine
これら全て食べ放題で大人1250円。
か~な~りお得だと思いませんかsign02
あ、ドリンクバーも付いてます。
ジュースの種類は多くないですが
カフェラテやカプチーノなども楽しめましたheart04






Photo_15・・・盛り付け下手ですみませんsweat01
ミネストローネとパスタ二種にグラタンです。
パスタの茹で加減がとにかく最高で、
和風のパスタは絶妙の味付けでしたshine
クリーム系パスタも美味しかったし、
出来たてグラタンはまだグツグツして最高heart02






Photo_16パスタにピザにサラダにと食べまくり、
途中にアイスを食べて
またパスタ食べたりしてcoldsweats01
写真は旦那が盛ってきたでかアイス。
食べ終わった後、寒くなって
コーヒー飲んでました(笑)。
その後焼き立てパンが出てきて
パン好きな旦那はすぐ取りに行きましたcoldsweats01
時間制限も無いので
ゆっくり楽しむことが出来ましたshine





長女も次女もいっぱい食べて大満足shine
このお店、新潟にもあったら良いのになぁ~(><)
ここ渋川店の他に高崎、前橋、伊勢崎と
群馬県内だけみたいで少し残念でしたsweat01
また必ず来たいお店ですhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪いちご狩り♪

保育園の役員を一緒にしている人から、
とっても美味しいから行ってみてと勧められた
いちご園へ昨日行ってきましたheart04
ここは一月からやっているので早く行きたかったのですが
長女がスキー学校に入っていて土日祝はアウトで
先週ようやくスキー学校が終わったので早速行くことにhappy01
場所は、群馬県渋川市にある子持観光いちご園heart02
HPに一人100円引きクーポンがあったのでプリントアウトしました。
興味のある方はこちらのHPを見てみて下さいhappy01
http://www16.ocn.ne.jp/~itigoen/





Photo右に写っている建物で受付。
当然ながらビニールハウスが
たくさん並んでいました。
クーポンを使ってそれぞれ100円引きで
大人1200円、小学生1000円、
幼児800円でした。





Photo_2受付を済ませてハウスの方へ。
ハウス前は屋根があるので
雨の日でも安心して来れそうです。
お兄さんが入り口を開けてくれて
中へ入ります。
制限時間は一時間。
・・・でも、何も時間を計る物が無かったので
自己判断・・・なのかな?と思いつつ
食べる気満々で中へ。





Photo_3中は温度管理されているので温かshine
上着を脱いでいざ出陣sign03(?)
食べ頃ないちごが沢山ありましたheart04
自然受粉しているのか、
ハウス内にミツバチがいて
最初子供達はかなり怖がってましたsweat01
でもミツバチは蜜取りに必死でした。





Photo_4こ~んな大きなのもありましたshine
ミツバチを怖がって
摘もうとしない子供達に
「一時間しかないねんで~!!」
とハッパをかけましたcoldsweats01
次第に慣れてくると
摘んでは口に運んで楽しそうでしたheart02







Photo_5「取れたよ~!!」
こんなに大きいのに、
とっても甘いんですshineshine
ここのいちご園は
その美味しさに自信があるからか
コンデンスミルクを配っていません。
たまにそこまで甘くないのもありますが
今まで行ったいちご園の中では
ダントツに美味しいのが多かったですhappy01





Photo_6はい、チーズ♪
私が手に持っているのは
受付で渡されたヘタ入れです。
このカップにぎっしりヘタが入るくらい
食べまくりましたshine
・・・でも、制限時間一時間を待たない内に
みんなお腹いっぱいになって
40分ほどでハウスから撤退coldsweats01
時間を計る物が必要ない事に納得(笑)






Photo_7お笑い次女の食べ方(爆)
・・・なんか、
手が『よろチクビ』みたいなcoldsweats01
こんな食べ方をしている写真が
かなりカメラに収まってました(笑)
いちご狩りが終わった時には
次女のトレーナーは
いちごの果汁で染まってましたsweat01
すぐ手を服で拭ってしまうので・・・。





Photo_8ここ、良いなぁ~heart04
より美味しそうないちごが
いっぱい実ってそうですね~happy01
またこのいちご園には来たいですshine
この後、
お店などをブラブラしてから
夕食に向かいました。
その様子は次の記事でhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森永の工場見学

見学中の長女の事が気がかりでしたが、
森永の塚口工場へ向かいました。
申し込みは二ヶ月前から出来たのですが、
受付開始の九時に電話をかけてもなかなか繋がらなかったので
繋がるまでかなり焦ったのを覚えていますsweat01
各地にある工場に直接かけて申し込むので、
行ってみたい方はこちらで↓各工場の番号を確認して下さいねhappy01
http://www.morinaga.co.jp/soudan/index.html






Photo

ちゃんと森永のマークがありましたshine
(・・・当たり前か;;)
車を降りると
既に甘い香りが漂っていてビックリsign03
それだけで皆、
ちょっとはしゃいでしまいました(笑)






Photo_2本当は電車で来なきゃいけないんですが
私の母は足の手術をして以来
障害者手帳を持っているので
車で来させて貰いました。
私達は
保育園の団体と一緒に見学だったので、
車は我が家の一台のみ。
駐車場の看板にはキョロちゃんがhappy01
旦那は近くにあった神社まで撮影・・・coldsweats01






Photo_3お姉さんに案内されて待合室へ。
・・・幼稚園の教室みたいな造りでした(笑)。
写真に写って入るのは母ですhappy01
ここの入口でも
キョロちゃんがお出迎えheart04
今、写真見てると楽しいのですが
当日は長女が無事に見学できるのか
心配で仕方なくて、
この待合室に入るのも気を遣いましたsweat01






Photo_4窓やドアが開け放しになっていたので
長女はこの部屋に入る事が出来ました。
テーブルの上にはお茶とムーンライトがshine
・・・と、見学用パンフレットが。
(つい食べ物優先;;)
一人一袋ずつでしたが
ちょっと嬉しかったですhappy01
パンフレットには見学中に被る
キャップが挟んでありました。






Photoそのキャップを被って、
待合室内で長女の記念撮影camera
随分大まかな身長計ですが(笑)
工場見学が不安な長女は
写真撮影でも乗り気ではありませんでしたsweat01
でもそこは何とか気分を盛り上げようと
必死さはひた隠して
「ここでしか撮られへんねんで~」
などと言って撮影。






Photo_2こちらは次女(右)も入って撮影camera
長女は
狭い場所などを怖がっているので
顔を穴から出すのも怖かったみたいです。
嗚呼・・・、
今思うとよく見学に行けたなぁ・・・(><)
この時は
『どんな小さな事でもいいから
       克服していけたら・・・』

という思いでいっぱいでした。






Photo_3待合室内には、
森永商品も沢山並んでいました。
非売品の物もケース内に並んでいて、
取り敢えず
片っ端から撮影する旦那。
・・・にしても、
キョロちゃん登場しすぎ(笑)。
一押しキャラなのは
分かるんですけども・・・coldsweats01
他にキャラっていなかったっけ?(こら;;)







Photo_4ちと写りがアレですが、
ボウケン缶ですhappy01
特撮にハマるきっかけになった
記念すべき作品ですから、
しっかりパチリcamera
しかし・・・、キョロちゃんっ!!
ここにもおるんかいっ!!(爆)
もう本当にあなたって人(?)は・・・、
神出鬼没すぎ(笑)。
ちょっと空いてる場所があったら
キョロちゃん置いとけ、みたいな(笑)。
・・・キョロちゃんを超えるキャラ募集!!
(勝手に;;)






Photo_5保育園の団体さん到着で
いよいよ見学体験スタート。
・・・の前に、
森永に関する映像を見ました。
部屋を暗くしたので
長女が怖がるかと思い、
終始妙に高いテンションで
大して面白くもない所で(こら;;)
笑ったりする私;;
何とか無事見終わりました。








そして手を洗ったりして見学準備を開始しました。
・・・ここからが大変でした;;
まず、長女がトイレのドアを閉め切るのが怖いと言うので
他の人が少なくなるのを待って、端のトイレに入りました。
いざ入ってみるとドアの仕切りは天井までなかったからか
ドアを閉めても大丈夫、と言ったので閉めたんですが・・・。
小学三年生(背が高い)と大人の二人で
狭い真夏のトイレに入るって・・・正直キツイです;;
何とかトイレを終えて、
「トイレのドア閉めれて良かったなぁ」
と、汗だくになりながら待合室へ戻りました。







いざ見学に行く事になると、長女は
「大丈夫かなぁ・・・;;」
を繰り返していました。
最初は屋外にあった本物のカカオの木を見たので大丈夫だったんですが、
工場見学用のスリッパへ全員履き替えてから
工場内に入る時に必要な
殺菌室(狭い、閉め切る、エアーが出る)を見て泣いてしまい、
ガイドのお姉さんに事情を説明したら
長女は殺菌室へ入らずに見学をする事になりました。







工場内は撮影禁止だったのですが
撮影許可でも私には撮影は無理でした;;
長女がずっとしがみついている状態でしたから。
ガラス越しに見てそんなに蒸し暑くない場所もありましたが
ガラスを挟まない場所では
機械がすぐそばじゃなくてもやっぱり蒸し暑く、
長女はずっと怖がっていました。
一つの場所が終わる度に
「見れて良かったなぁ」
と声を掛け続けましたが、やっぱり怖いみたいで
「もうすぐ終わる?」
と、そればかり気にしていました。







見学したのはマリービスケットの型抜きや
12月から新発売になるという
チョコビスケット(多分クラシックだった)を焼いているところ、
商品の袋詰めや箱詰めなど。
チョコビスケットのところではガイドのお姉さんが
「今日来られた皆さんはとってもラッキーですよ~♪」
と、まだ発売前の新商品生産の見学に来られた幸運を強調していました。
「新商品はこちらです♪」
と、箱に入っている未包装のチョコビスケットを見せてくれましたが
その場にいた全員の
『もしかして、新商品の試食が出来る・・・!?』
という期待を見事に裏切り、そのまま次の場所へと移動しました;;







何とか見学を終了した時には、とってもホッとしましたdash
見学を楽しむ余裕は無かったですが、
長女が工場内を回れた事を
少しでも自信にしてくれたら嬉しいなぁ・・・と思いました。
その小さな積み重ねで
いつか長女が不安無く生活できるようになれば
これほど嬉しい事はありません。
まずは焦らず、気長に色々な事をしていくのが一番かな・・・。







Photo_6大人のお土産には、
マリービスケットをくれました。
子供達にはプチッとハイチュウと
チョコボールの消しゴムを一個ずつ。
プチッとハイチュウは一種類でしたが
消しゴムには種類があったので
それぞれ別の物を貰いました。






Photo_7写真は帰りに売店で買った福袋です。
1000円だったのですが、
色々と入っていてなかなか良かったですshine
ご飯はあまり食べれなかった長女ですが
マリーなどは喜んで食べていたので
それにもちょっとホッとしてdash
この見学の翌日、新潟へ帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しましまタウン♪♪

お昼の後に、しましまタウンに行きました(^^)
ステラモールのHPを見ていた旦那が見つけたんです。
家の近くに無くてなかなか行ける機会が無いので
行けるなら少し入ってみよう、という事で入りました。






Img_2176入ってみた感想は、
『思ったよりも広くない』
っていうのが一番でした。
気になる入園料は
就学前の子供が
最初の30分400円(大人は200円)、
以降15分ごとに200円(同100円)。
30分で出るつもりでした(^_^;)






Img_2186実物大のおうちごっこ、といった感じで
色々なお店が並んでいて、
子供達はお店屋さんになったり
お客さんになったりします。
ここはハンバーガーショップです。
自分でセットなどを作り上げ、
レジでしまじろうマネーを使って
会計します(^^)







お店にはエプロンやトレーなどの小道具も揃っていて
小さな子供にはたまらない感じでした。
平日だったので我が家以外の人は一組で、
次女は次々とお店を渡り歩いていました。





Img_2203ここはしましまレストランです。
次女、一所懸命クッキング中♪
・・・しかし、
鍋の中に次々と入れられた
卵、イチゴ、魚に
ちょっと不安が・・・(^_^;)
次女は
「おいしい にもの♪」
って言ってましたが
想像しただけで・・・・・・(-_-;)
(想像すな;;)
でも家では全然片付けないのに
ここでは元の場所に戻してました。
しまじろうマジック!?






Img_2205

こちらはお弁当屋さんで
次女が作ったお弁当です(^^)
タウンの中には
ボールプールもありましたが
長女が入れないので、そちらへは
近づかないようにしていました;;
長女、
ボールプール大好きなんですけど(^_^;)







そうこうしている間に
『しまじろうとお散歩タイム』なるものがやってきました。

Img_2187いまだに
しまじろうのぬいぐるみと一緒に
寝ている長女、ダッシュ!!(笑)
ここからは
うちともう一組の家族で
しまじろうを独占状態でした(^^)
タウン内を一緒に
お散歩しましたよ♪♪





Img_2189お散歩前に撮った一枚。
土日だったら
スッゴイ混雑してそうなので
こんな風に写真を撮ったり
出来ないのかもしれません。
平日のおでかけって
やっぱり色々とお得だなぁ・・・と
思った私です(>_<)
そういうところから、
運動会の代休は
毎年おでかけデーになっています。






Img_2192しましまレストランにて
お客さんになるしまじろう。
隣のお姉さんは
しまじろうの付き添い役の方です(^^)
直で話せないしまじろうには
必要不可欠な存在(笑)。
しまじろうが家に帰る時も
うまく先導していました。






Img_2197長女と電話するしまじろう。
・・・耳に受話器をあててる状態(笑)。
話せないし、
口までなんて受話器が届かないので
仕方ないとは思いますが(^_^;)
この電話、テレビ電話になっていて
相手の顔が画面に
映るという優れものでした。







この後、お散歩タイムが終了して、しまじろうは家に帰って行きました。
その去り際、お姉さんが
「次はショータイムで会おうね~♪♪」
と言ったもんだから、最初は30分で帰るつもりだったのが
ショータイムまでいる事になっちゃいました(^_^;)
まぁ、なかなか来れないから
ショーを見たらすぐに帰るという約束をしたんですが・・・。






Img_2210いよいよショータイムの始まり♪
・・・えぇ、観客は二家族です(^_^;)
ショーの途中で
もう一家族が来られて
三組になりましたが。
・・・ポール、要らないんじゃね?
というツッコミは心の中でして(笑)。
椅子が無いのはちと辛かったです;;






Img_2219しまじろうが登場して、
一緒に踊ったりしていました。
だから椅子が無かったんですね(>_<)
この後、しまじろうは私達側に出てきて
一緒に手をつないで踊りました。
・・・ポール・・・、まぁいっか(笑)。
土日は混むから
出来ない事なんでしょうね。







ショーが終わって出口で精算したんですが、2500円でした・・・(>_<)
次女はショーが終わったら帰るという約束をしていましたが、
しまじろうとの時間がよほど楽しかったらしく
しましまタウンを出てから号泣しました;;
名残惜しくてちっとも歩けなくて、
仕方なく抱っこして車まで強制収容しました(^_^;)
車に乗ってからもしばらく泣いていましたが
それほど楽しかったんなら連れて来て良かったなぁ、と思いました。
鉄道博物館に始まって、
ハードスケジュールだった一日が終わり帰路に着きました。
・・・埼玉から新潟なので、結構な長さの帰路でした(^_^;)
一日にした事の記事にしては八回まで分けた長記事になりましたが、
行った当時を思い出して楽しかったです♪♪
もっと早く書きたかったんですけど、
仕事が忙しくて手がつけられなかったんで・・・;;
お付き合い下さりありがとうございました(^^)(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄道博物館のその後

楽しかった鉄道博物館を後にして、
少し遅めのランチを目指して鉄道博物館の近くの
ステラモールへ行きました♪
ここの3Fにあるポルトフィーノというイタリアンレストランが
前菜からデザートまで食べ放題とHPに書いてて、
久々にブッフェを楽しもうと思っていたんです(^^)
料金は平日なので
大人1362円、小学生787円、
3~6歳はドリンクバー付きで522円でした。
ドリンクバーは次女にしかついてませんが、
HPをプリントアウトして全員のドリンクバーが無料になりました♪
皆さん、ポルトフィーノへお出かけの際は
HPのプリントアウトを忘れずに(^^)(^^)







遅いお昼だったので、店内のお客さんは少しだけでした。
デザートは沢山あるものの、
ピザやパスタは在庫0状態でした。
・・・でも!!
オーダーして好きなものを作ってくれると書いてあって、
すぐに長女の好きなカルボナーラや
蟹のトマトクリームパスタ、
2種類のピザを注文しました。
出来立てはやっぱり美味しい♪♪
混雑時は色々な種類が並んでるでしょうが、
自分の好きなものの出来立てが食べられるのは嬉しいです(^^)






Img_2160こちらがパスタやサラダ♪
出来上がったパスタやピザは
自分専用じゃなくて
ブッフェの台に乗せられるので、
取りに行くのは混雑時と同じです。
ピザは薄焼きというよりは
少し生地が厚めのもっちりタイプでした。
食事を満喫した後は・・・・・・







Img_2163やっぱりデザート!!
全種類のデザートを
旦那が取って来て並べました。
そして彼は完食しました(^_^;)
私は重たそうなデザートは避けて
食べたいものだけを選んだんですが
オレンジゼリーとプリンが
特に美味しかったです(^^)







子供達もゼリーを気に入って、二つは食べてました。
ただ、赤いゼリーは梅味で
長女が旦那に一口貰ってから
「さっぱりしてて美味しい♪」
と言って、梅干とか嫌いなのに自分用に持って来て、
結局食べれなくなって私が食べたりしました;;
持って来る時点で無理だって言ったのに・・・(>_<)







満腹・満足でお店を出たんですが
このステラモール、大きくて建物がお洒落で
近くにあったら毎日歩きに来てるなぁ・・・と思いました。
本当に色々なお店があって、ウィンドウショッピングだけでも
スッゴイ楽しそうです(^^)(^^)
ゆっくり見て回りたかったんですが、
時間が無いので回れませんでした;;
でも、あるお店だけは行ってみようと決めていたので
そこへ行きました♪♪
そのお店の記事は長くなりそうなので
次の記事に書こうと思います(^^)(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄道博物館へ行ってきました♪⑥

Img_2127さて、⑥まできましたね(^_^;)
ミニ運転列車に乗り終えて
再び館内へ。
日本最大というジオラマを
見たいなと思ってたんですが、
いつでも見れる訳じゃなくて
入れ替え制になってまして
並ぶことになりました。







この日はお爺さん達や保育園の団体さんが来てたので、
並んでも全員が入れる保障は無いとのこと。
でもやっぱり見たいので、入れる事を祈って並びました。
並ぶ時に何が辛いって、
子供達がじっとしててくれないこと;;
走り回ったりまではしませんが、すぐガサゴソしてしまうので
周りの方が不快じゃないか気になって仕方ありません(>_<)
入場時間の頃には私は既にぐったりしてましたが(^_^;)、
何とか入れてホッとしました。





Img_2130 入ってみると、日本最大とあって
スゴイ迫力でしたw(゜o゜)w
大きすぎて
フレームに全部入りません;;
ぷっすまで見た通り、
細かいところまでよく出来てました。
でも、
まだ列車は動いていません。






Img_2128_2保育園・幼稚園児用の席が
前にあって次女はそこへ座りました。
あまりに端に座ったので
この後左へ寄らせましたが(^_^;)
何故入れ替え制かと申しますと、
駅・列車の一日の移り変わりを
アナウンスしながら見るという
形になっていたからでした。







で、ジオラマショーの始まり始まり♪♪
朝から夜までを表現してくれているので、
夜になると周りは暗くなって電車や家などには電気がつきます。
そして次の朝がやってきて、おしまい・・・という感じだったんですが。
率直な感想は・・・・・・、
別にショー仕立てにしなくても良いんじゃない!?
みたいな(^_^;)
だってね・・・、
始めの列車は動き出すのが分かるんですよ。
でもね、その後色々な列車が動き出しても
いまいちピンとこないんです(^_^;)
色んな列車が動いているので・・・・・・。
列車の名前とか特徴とか言ってくれるんですが、
中央にある駅から動き出しても、その駅を通る列車もありますから
よく分からないんです;;
夜になると暗いから益々分からない(>_<)
だったら、ショー仕立てで入れ替え制じゃなくて
いつでも好きな時に見られるように開放して
走ってる列車の説明ボードを設置してくれてる方が良かったな、と。
子供なんて取り敢えず近くを走ってるのを見ますから、
次女はアナウンスしてくれてても見向きもしてませんでした;;






Img_2154次女の目の前にあったのに、
何故か最後まで
動いてくれなかった500系;;
動き出した時の反応を
楽しみにしていたんですが(^_^;)
ショー後には
ジオラマを近くで見たい人が
いっぱい押し寄せてました。







我が家もジオラマ前に寄って行ってたんですが、
「次のショーがありますのでお早めにご退場下さい」
とのアナウンスで退場しました。
もうちょっと、近くでゆっくり見たかったです(>_<)








この後、ショップで買いたかった物を購入しました♪♪
それは・・・・

Img_2503石炭あられ♪♪
草彅くんが美味しいって
絶賛してたので、
絶対に買って帰ろうと思ってたんです。
二袋入ってるので
食べ易かったです(^^)
さてさて、
どんな感じかと申しますと・・・






Img_2504本物の石炭みたい♪
炭が練りこまれてるという事でした。
そして肝心の味は・・・・・・
スッゴイ美味しかったですっ♪♪
炭の味は確かにしますが、
後味が何とも言えない美味しさでした。
ついついまた手が出てしまう、
後引く美味しさでした(^^)






Img_2567最後に出口でスイカを返して、
このカードを
入館記念にいただきました♪
裏にスタンプが押せる場所があって
しっかりと押してきました(^^)
いやいや本当に、
思ってた以上に楽しかったです♪♪
また是非来たいです(^^)







次は次女がミニ運転列車を運転できるようになった時くらいかな?
鉄道博物館の記事はこれで終わりですが、
トマト家の埼玉珍道中はまだ続きます(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鉄道博物館へ行ってきました♪⑤

Img_2071ミニ運転列車の
予約時間が近づいてきたので、
しばし休憩を取ることに。
右端に移ってる車両内で
飲食が出来るというので入ったら
超満員だったので
敢え無く退散しました;;
出てきたら、丁度ミニシャトルが♪







これは無料で乗れるんですが、待ち時間を見ると40分待ち;;
終点の駅は歩いてもそんなにかからない場所なので、
40分も並ぶのはやめました(^_^;)
このシャトルを見ながら、近くにあったベンチで休憩しました。
お茶やお菓子を持って来てましたが、
暑かったし疲れたので甘くて冷たいものが飲みたくなって
自販機でジュースを購入しました。
自販機はぼったくって無くて、ホッと一安心(^_^;)






Img_2073博物館の入場券(スイカ)と
ミニ運転列車の予約券です。
1台で3人までしか乗れないので
2枚もらいました。
最初は私が撮影係で
二回目は旦那が撮影係です。
運転は小学生以上なので
次女が暴れる心配が・・・;;






Img_2077ミニ運転列車は
予約券一枚につき200円支払います。
精算所の近くに
『ぷっすま』に出てきた列車が♪
ここで
ななめ45°がコントをやってました(^^)
残念ながら、
車内アナウンスは一般人は出来ず;;






Img_2116ここの駅名は
『てっぱく』でした(^^)
それがどうしたと言われれば
何も言えないんですけども(笑)。
ただ単に
こういうのが好きってだけです(^_^;)
後ろに見える壁の向こう側も
『ぷっすま』に出てきました。



ユースケさんが木下優樹菜ちゃんと
チケットを買うシュミレーションをしていた場所です。
でも、ここも一般人は入れず;;
そのカウンターの前に予約券の精算所がありました。






Img_2100さて、ミニ運転列車です♪
次女は運転できないので
長女が運転手になりました。
こんな感じのコースで、
一周6分くらい。
途中に駅があって、
自分で停めたりも出来ます。
もちろん通過もOKです(^^)






Img_2085長女の運転する列車、
いざ出発♪♪
この列車は
レバーが一つのタイプだったらしく
何とか上手く運転できました(^^)
しかし・・・、
運転できない次女は
やっぱりすねてしまいました;;






Img_2092運転できないのでもう乗りたくない、
と次女はゴネましたが・・・、
次はいつ来れるか分からないので
説得して乗せました;;
今度は私が運転♪♪
レバーが二つありましたが
お姉さんの説明で
何とか理解できました(^_^;)





列車が動き出しても次女はむくれたまま。
運転したい気持ちはよ~く分かるけど、
無理なものは仕方がない(>_<)
私が運転しながら
「本日はご乗車誠にありがとうございます。
 危険ですので、
 窓から手や顔、お尻などを出さないようにお願いします」

と車掌さんぽく行ったら、子供たち大ウケ(笑)。
どうして子供ってお尻とか大好きなんだろう・・・(^_^;)
でもまぁ何とか、次女も元気を取り戻してくれて一安心でした。







ミニ運転列車を乗り終わったら、
車掌さんの格好をしているスタッフさんに
文句を言ってるお父さんがいました。
二人のお子さん連れで、
「お昼に来たのに、
 ミニ運転列車に乗れないなんておかしい!
    みんなが乗れるようにしろ! ボケ!!」

といった感じでした。
予約券はあっと言う間に無くなってしまうので、
その気持ちは分からなくもありません(>_<)
・・・でも、暑い日差しの照りつける中、子供達をそっちのけで
スタッフさんに文句を言い続けているその姿は、
どうしようもない怒りを
ただスタッフさんにぶつけているだけに見えました。
だって、私達が違う場所に行ってしばらく経っても
まだ子供達を日向に立たせたまま
文句を言い続けているんですよ!?
帽子も被ってない子供達が、
体調を悪くするんじゃないかと心配になりました;;
あの後、あの子達が楽しく見て回れたのを祈るばかりです(>_<)




もう少しだけあるので⑥へ続く♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道博物館へ行ってきました♪④

④に突入しました、鉄道博物館記事♪



Img_2057え~っと・・・、石炭です(^_^;)
蒸気機関車に使われてたやつですね。
旦那が何故撮ったのか、
よく分からないんですが(爆)。
きっと
鉄道博物館にの雰囲気に呑まれて、
何でも写真に収めておこうという
意識が働いたんでしょう(笑)。






Img_2058同じケースの中にあった、
弁慶のミニチュア。
いやぁ、味があって良いですね♪♪
実際に走ってるところを見たら
大迫力なんでしょうね(^^)
鉄道に関しては
全然詳しくない私なんですが、
見ているだけでも楽しいです、本当。







Img_2060_2で、こちらが本物の弁慶。
新幹線などを見た後に見ると
車両が小さく感じますが、
どっしりとした重厚感があって
洗練されてる雰囲気があります♪
『弁慶』っていう名前も良いですね(^^)
私、義経と弁慶の絆の深さが大好きでした。
特に関所で義経だとバレそうになった時に
弁慶が義経を叩きのめして
役人は本当の事に気付きながらも
弁慶の心情を察して
無事関所を通る事が出来た辺り。
・・・いや、私がSなだけじゃなく(笑)。






Img_2065こちらが横から見た図。
・・・どこまで弁慶押しかと(笑)。
手前にあるステップのところまでしか
入れませんでしたが、満足です(^^)
雨のような矢に打たれながら
死してなお義経を守ろうとした、
『弁慶の立ち往生』にも
心を打たれました(>_<)







Img_2063こちらは別の機関車。
石炭を入れる箇所を
間近で見れました。
運転シュミレータでは
D51の運転体験が出来ますが、
(ぷっすまで草彅くん達がやってた)
中学生以上が対象なので
我が家は断念しました。







Img_2066こちらはまんま車両に書いてますが、
「開拓使号客車 車号コトク5010」
(1880年製造)

北海道開拓に使用した、
米国様式の特別客車なんだそう。
確かに米国様式っぽい内装でした。
車両にもRAILWAYって書いてますが
当時どれだけの人が理解できたのか;;







Img_2062_2この小さいの、
何だと思います!?
名前は『人車』。
そう、まさに
人力車ですよ奥さん!!(?)
乗せて貰う方は良いとして、
押す方はたまらないな~・・・;;
と思ってしまいました(^_^;)
私は絶対に
乗る方じゃなくて
押す方の人間だったでしょうし;;







まだまだ色んな列車がいっぱいありましたが、
ミニ運転列車の予約時間になったので
そちらへと移動しました♪♪
・・・なので(?)、⑤へ続く(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄道博物館へ行ってきました♪③

まだまだ続きます、鉄道博物館記事(笑)。



Img_2028一階のヒストリーゾーン中央にある、
記事の①で紹介した『ぷっすま』で
ゴールになっていた蒸気機関車です♪
転車台にのっているので
一際目立っていて、
写真を撮るお客さんが順番待ちしてました。
私達も3組ほどの方の後に
撮ることが出来ました。
3時までいられれば、
これが回転するところが見れたんですが
帰る時間もあるので残念でした。






Img_2031ちょっと分かりにくいですが、
私も乗った事が無い車内が木製の列車。
その車窓から
顔を出すトマトと次女(笑)。
スッゴイ昔の時代がテーマの
映画やドラマでしか見たことがありません。
レトロでとっても良い味があって
今の電車とはまた違った、
木ならではの温かみを感じられて
『今も走ってれば良いのに』
と思うほど、気に入りました(^^)






Img_2035レトロな車の前で
次女、小粋なポーズ♪
おぬしも女だのう(笑)。
こういうのも大好きです、私(^^)
もう13年ほど前になりますが
ルート66で
クラシックカーのお祭りがあって
写真を撮りまくったのを覚えています。






Img_2040これは残念ながら座ったり出来ない
デッキから見るだけの車両でした。
車内が木で出来ていて、
荷物を乗せるネットが太い紐で、
とっても良い雰囲気でした♪♪
電球も良い味出してますよね(^^)
背中を倒したり出来ないので
眠るのには不向きですが(笑)。






Img_2044こちらは座れるタイプの
木製車両でした♪
シートが結構ふかふかで
現代的でした。
私が小さい頃から乗ってた
近鉄電車(各駅)のシートは
こんな感じの座り心地で
色は赤だったなぁ。
床は勿論木じゃないですよ?(笑)
・・・年齢詐称疑惑が出てきそう(爆)。
35にもなって詐称しても
大して意味無いですけど・・・(^_^;)
子供達もあっち乗りこっち乗りして
喜んでました♪♪







 Img_2056_2
ここには駅が作ってありました。
レトロな感じが気に入ってパチリ♪
ここにも勿論列車が停まっていました。
『こんなのもあったんだ~』
と、見てビックリしましたw(゜o゜)w
滅多に見れないのが
見れるっていうのも、
鉄道博物館ならではですよね(^^)
いやいや、
来て良かったです♪♪
さてさて、どんな列車かと申しますと・・・






Img_2053「マイテ39形式客車 車号マイテ3911」
(1930年製造)

東海道本線の特急用一等展望客車。
桃山様式の荘厳な内装を誇る・・・
とあったんですが、
要はセレブ用って事ですかね?(^_^;)
この時代に生きてても
絶対に乗れなかったんだろうな;;






Img_2050_2外観はこんな感じでした。
スゴイなぁ・・・。
華族とかそういった人たちが
優雅に旅を楽しんでいたんでしょうね。
しかし、
進行方向に向いて座ってないと
酔っちゃう人って
いなかったのかな(^_^;)






Img_2049はい、
こういうの好きなんで
撮っちゃいました(笑)。
良いなぁ~♪♪
古き良き時代って感じがします。
今と違って
不便な事も沢山あったと思いますが、
『オールウェイズ』のように
みんながまっすぐ一所懸命に生きていて
温かさを感じられる・・・、
そういうイメージが強いです。



って事で(?)、④へ突入♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)