« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

色々とあったけど・・・

今の長女の状態はすこぶる良好ですshine
よく食べてて給食もほぼ毎日完食してますし、
体重も元に戻って・・・と言うか以前よりも増えましたhappy01
すいとん、お餅、こんにゃくなど
食べれない物はまだありますが、まぁ焦らず見守っていこうかなと。
ちょっと嫌いな物が増えた・・・位な感じで。
心配して下さった皆さん、本当にありがとうございましたshine







さてさて、先日は父の日でしたね。
次女は保育園で絵などを描いて持って帰ったんですが、
小学校は特に何も作ったりしないので
プレゼントなどは本人の心次第・・・という事になります。
長女は、父の日にどうしたでしょう?







答え。
言葉をプレゼントした。
「お父さん、父の日おめでとう!!」
・・・そこは『ありがとう』とかじゃないんかい・・・( ̄Д ̄;;

と思いましたが、実は母の日にも同じ事を言った長女でしたsweat01
よく惜しい言い間違いなどをするので、
もう慣れましたが思わずツッコミ入れてしまいますcoldsweats01







そうそう、今朝はフレンチトーストを作ってみました。
昨日仕込んでおいて一晩おいただけに、
味がよくしみ込んでてフンワリと仕上がって美味しかったですshine
今更だけど写真撮れば良かったな~sweat01
・・・しかし、寄る年波には勝てないのか
     長女がお代わりしたのを尻目に
      最後の方、ちょっと食べるのがキツイ自分がいました・・・coldsweats01
子供達の方が粉砂糖とハチミツいっぱいつけてたのに・・・。
全てがさっぱりアッサリ好みになっちゃうものなんでしょうかsweat02







最近は仕事の入ってる日が少ないので、
雨が降ってなければ保育園まで歩いて行ってます。
次女が歩いて行くのが好きで、
道中で先生へのプレゼントの花を摘んだり
ワンちゃんを触らせて貰ったり
鯉を見たりしながら30分ほどかけて到着します。
・・・しかし、
今朝は家を出てほんの少しの間だけでした、朝の爽やかさがあったのは;;
その後すぐに晴れてきて背中に当たる日光が暑い暑い;;
保育園からそのまま銀行回りなどをしてから家に帰りましたが
帰りは日光が正面に当たるので暑くて嫌になりましたwobbly
日焼け止めもしっかり塗ってましたし
つばの大きい帽子も被ってましたが、
もうすっかり夏の日差しでジリジリと焦げていってるのを感じましたsweat01
家を出てから帰宅まで一時間半ちょい。
最後は汗だくの散歩になってましたsweat02
・・・これで痩せれば嬉しいんだけど・・・coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑳ 9月19日(金) 帰国

Photo_7まだ暗い街中を
6人全員で乗れる大型タクシーで
空港へ向けて出発しました。
で、早朝5時半前には空港に到着。
だって、7時15分発の便なんですもんsweat01
早朝とはいえ、
24時間オープンの空港なので
お客さんもそこそこいました。
私たちはターミナル3でした。





Photo_8皆で空港内を歩く。
ここでも甥っ子用のTシャツを
母と探しましたが
やっぱり見つからず断念しました;;
母は兄用に吸っている銘柄も知らないのに
タバコを買っていました。
私も父も吸わない銘柄を貰っても
全然嬉しくないと説得しましたが
そこは頑固な母なので強制お買い上げ;;





Photo_9上から三番目の
UA804が私たちの乗る便でした。
シンガポール航空なら
映画もオンデマンドで
ゲームも多種多様ですがUAは・・・・・・;;
まぁ、マイルを使っての航空券なので
文句は言えないですけど・・・coldsweats01
嗚呼・・・、
シンガポールビジネスに乗ってみたいbearing





Photo_10こちらは男子トイレの洗面台。
新しいターミナルなだけに
どこも洗練されていて
とっても快適に利用できますshine
・・・あ、
私が男子トイレ使った訳じゃないですよ、
                  勿論・・・(笑)。
女子トイレも
本当に綺麗で快適でしたheart04





Photo_11こちらは機内。
以前は上の荷物入れが
出っ張ってるイメージでしたが、
今はすっきりとしています。
それでいて入る量は変わらないので
進化を感じますshine
機体だって、
オール二階建てとかの時代ですもんね。
本当にビックリですwobbly





Photo_12ピグレットと寝る次女heart04
朝早かったから当然ですよね。
熱は出しましたが、
すぐに元気になってくれて良かったです。
長女にかかりっきりだった私に
何の文句も言わないで
色々と我慢してくれて
本当にありがとうshine
感謝感謝ですheart04





DsDSに夢中な長女happy01
この写真見ると、
やっぱりこの時は痩せてるなと思います。
帰りの便では皆と同じように搭乗できたので
飛行機は完全に克服しましたshine
他にもエレベーターなど
色々とこの旅行で克服できたので
改めて行って良かったと思いましたheart04
よく頑張ったねshine





Photo_13機内から見える空。
地上は遥か遠くで
雲よりも高い場所にいる自分が
何となく不思議です。
でもこの空は
本当に綺麗で大好きなので、
夜のフライトよりも
昼のフライトの方が私は好きですheart04
夜だと真っ暗なんですもんcoldsweats01





Photo_14朝食の機内食。
あんかけ焼きそばみたいなの。
左上はフルーツなんですが
上からパイナップル、パパイヤ、
メロンだったと思いますが・・・、
まぁ大味ですcoldsweats01
デニッシュは甘いので
デザート感覚だったのかしらん。
では他の機内食もshine





Photo_15こちらはオムレツ。
クリームソースみたいなのが
かかってますね。
・・・食べたはずなのに
 全っ然メインの印象が残ってない;;
そば食べたんだったかな~(><)
フルーツの大味だけが
印象に残ってるっていうのも
何だか寂しい気がするcoldsweats01





Photo_16こちらは子供達用のパンケーキ。
何となく大人のよりも
良いじゃんすげ~じゃんshineみたいなcoldsweats01
まぁでも
サイドは全く同じですもんね。
子供用の機内食って
結構当たり外れがある気がします。
お菓子っぽいのばっかりの機内食は
結構ガッカリしてしまいますからsweat01





Photo_17空②。
少し分かりにくいですが
中央の雲の切れ間から
海に浮かぶ島が見えます。
う~ん、
雲の浮かび具合が綺麗shine
こんなに大きくて重い飛行機が
どうして飛ぶのか考え出すと
ちょっと怖くなってくるのでやめますcoldsweats01
理論は分かるんですけど・・・。





Photo_18東京に向けて一直線。
これらの写真は全て
旦那が撮影してるんですが
私は何をしてたのか
さっぱり覚えていませんcoldsweats01
オンデマンドじゃないので
映画を見た記憶も無いし・・・;;
次女同様、
寝てたのかもしれません。





Photo_19間食に出たサンドイッチ。
コーヒーはスタバなのねhappy01
これは食べた記憶があるなぁ・・・。
チーズなどが入った
シンプルなサンドイッチだったと思います。
私は機内での飲み物は
MOTT'Sのアップルジュースなので
それと一緒に
美味しくいただいたと思いますshine





この後、無事に成田に到着して
いつものヒルトン成田に一泊しました。
宿泊すると旅行の間車を無料で駐車させてくれるのが有り難いです。
夕食は長女と母が好きなびっくりドンキーに食べに行ったんですが、
長女もそこそこ食べれてホッとしました。
翌日の朝食は
これまたいつものヒルトン朝食ブッフェhappy01
日本のお粥や焼き立てのオムレツなどを堪能しましたshine
その後、部屋で少しゆっくりしていました。
飛行機マニアの旦那によると
オール二階建てが飛び立つと言うので
飛行機の離発着を部屋の窓から見ながら
その時を待っていました。
オール二階建てはやっぱり大きい!!
って言うか、太い!!

前から後ろまでズドーンて感じでしたwobbly
飛び立つのを見てから新潟に向けて出発し、
この旅も終わりを迎えました。
色々と大変な旅ではありましたが、行って良かったと思いました。
父はお疲れ様旅行って言うか、疲れさせちゃったかもしれませんが・・・;;
レポが長々となってしまいましたが
お付き合い下さってありがとうございましたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑲ 9月18日(木) ホテルでの夕食

夕食の前に、
エグゼクティブフロア利用者専用の
ラウンジでしばしくつろぎましたheart04
飲み物は勿論、
美味しそうな軽食が置いてあって
夕食前だけど(無料なだけに;;)ついつい堪能してしまいましたcoldsweats01
他のお客さんもいたので写真は撮れませんでしたが、
飲み物を作ってくれるお姉さんが何かとお世話してくれて
ちょっとしたセレブ気分を味わいましたshine
次女は一応(?)病み上がりなので、
ホットココアは置いていないか聞いたんですが
確かに英語で正確にココアと言っているのに、
何故かお姉さんが分かってくれませんでしたsweat01
何度も言ったんですが(??)な感じで
仕方なく次女が熱を出した事などを四苦八苦で説明すると
突然お姉さんが
「・・・ミロ?」
えぇ、ネスレのミロの事ですcoldsweats01
・・・ココアは分からなくて、ミロが分かるって・・・;;
と、ちょっと驚きましたが
次女が飲める物があって良かったです。







ラウンジにあったのは
クラッカーのチーズのせやスモークサーモン、
お刺身にミニケーキなどでしたがどれも美味しくて満足でしたheart04
ここで長女がこの旅行で初めて、
自分から食べたいと言ってお代わりしたものがありました。
それはクラッカーのチーズのせ。
元々大好きな物だっただけに、私も嬉しかったですshine







ラウンジでくつろいだ後、夕食へと向かいました。
向かうと言っても出てすぐの場所だったんですけども。
入口でブッフェのチケットを見せたら
何だかレジのおばさんがいぶかしげな顔でチケットを見ていて
他のお客さんはどんどん中へ通すのに
私達はしばし足止めを食らいました。
何でだろうと思いつつ待ってたんですが、
おばさんがいきなり料金がかかるからお金を払え、
的な事を言ってきたのでビックリ。
ホテル側が用意したディナー招待チケットの筈なのに、
    予約も取ってあるのに何でお金がかかるんだよ~っ!!

と納得がいかず、
フロントにいた日本人スタッフさんを旦那が呼んできました。
事情を説明すると、あっさり無料でご案内。
・・・そもそも誰が見ても分かるチケットにしてなかったのが悪いannoy
最後まで色々あったこのフラマホテル・・・・・・、
サービスは色々として貰ったものの、何か釈然としませんでした。







席に着いて、気を取り直しての夕食。
サーモンの刺身が飛ぶように売れていました。
蟹やエビもあって中華や洋食、サラダにデザートと
ホテルのディナーブッフェらしい、充実した品揃えでした。
店内はほぼ満席で、人気があるのが分かりました。





Photoデザートは壁際にあったので
何とか写真に収めてきました。
こちらはケーキと
ヨーグルト(白い小さい器)など。
ケーキの奥にあるレンゲも
ムースなどがのった
ワンスプーンデザートになってました。
その奥にあるグラスにはゼリーが入っていて
見た目にも綺麗な仕上がりになってましたshine





Photo_2こちらはミニケーキ達heart04
取り敢えず
全種類押さえときました(笑)
こういうブッフェに来ると
少しずつでも良いから
全種類味わいたいと思ってしまいますcoldsweats01
なのでこういうミニサイズは
私にはとっても嬉しいですshine
味もなかなかだったと思います。





Photo_3こちらはマンゴープリンheart04
これも美味しかったですが
初日に食べた
クリスタルジェイドの方が
美味しかった記憶があります。
しかしマンゴーは美味しいですねぇheart02
昨日、
パピコのマンゴー味を食べたんですが
美味しいしカロリー控えめだし大満足でしたhappy01





Photo_4こちらはブリュレだったと思います。
私はこれも美味しかったんですが
旦那はイマイチ評価をしてました。
ちなみに取っているのは私で撮影は旦那。
手の甲にある火傷の痕は
昨年夏に実家で
私が1Kgハンバーグを焼いた際、
母が大量の油をしいたおかげで
ひっくり返す時に油がはねて出来たもの。
その時、母は何て言ったと思います?
「あ~、先に言えば良かったなぁ。
  ひっくり返す時は手前じゃなくて向こう向きにしいやって」

・・・壁向きにひっくり返すなんて芸当、した事ないわ!!(笑)
時々常識では計れない発言をしてくれる母です;;





Photo_5こちらはドリアンケーキです。
ホテルにドリアン持込禁止だけど、
ケーキなら大丈夫なのか・・・と思いましたが
結構な香りを放出していましたcoldsweats01
でも結構人気がありましたよflair
私は食べませんでしたが
母が食べてみて
「ドリアンそのままの方が美味しい・・・」
の言葉に納得。





Photo_6デザートコーナーで一番目立ってた
チョコレートタワー。
チョコフォンデュを楽しめましたheart02
これは旦那がいたく気に入って
お代わりまでしてました。
私はと言えば、
ケーキ類でお腹がいっぱいになって
チョコを食べる気にならなかったようなcoldsweats01
まぁ~・・・、
全種類制覇なんて
企んでもすぐに玉砕です(笑)。
お腹いっぱいブッフェを堪能して
シンガポール最後の夜が更けました。
本当に色々あった旅でしたが
得る物も大きかったので
無事日本に帰れる事に感謝でしたshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑱ 9月18日(木) マーライオン・パーク

さてさて、買い物中にゲロリしてから熱が出ていた次女だったんですが、
ぐっすり寝たからか夕方にはすっかり元気になっていましたshine
いや~、良かったhappy01
あまりにすっきりと元気になったので、
マーライオンを見に行く事にしました。





Photo川にかかっている橋。
マーライオンパークのすぐ横です。
街灯の真ん中辺りの場所に
横1本にラインが入っているの
分かりますか?
これ、F1のシンガポールGP用に
設置されたライトです。
シンガポールGPは夜間に行われるので
こういった作業を行っている場所が
いくつもありました。
私たちがシンガポールに行った翌週にGPがあったんですが、
その期間のホテルの金額ったら
高いし満室になってるしでスゴイ事になってました。





Fちょっと分かりづらいですが、
観覧車の左下に
F1のスタンド席があります。
2008年3月に登場した
この世界最大の観覧車
シンガポール・フライヤー、
1カプセルに28人まで乗れるというから
驚くばかりです。
高さは42階建てのビルに相当するらしく
観覧車恐怖症の私には
到底乗れない代物ですsweat01
泊まったホテルの部屋からも遠くにこの観覧車が見えていました。





Photo_2旦那がパチリ。
風があるので髪を押さえている私です。
そしてその風にのって
マーライオンの吐き出している飛沫が
こちらにいっぱい飛んできてましたwave
観光客がたくさん来るので
ここでは日本の人をよく見ます。
専門学校時代、
友達がシンガポールに行ったんですが
その時はマーライオンを改修か何かしていて
場所には行ったけど見れなかったと言ってましたcoldsweats01





Photo_3ここに来たら
定番になっている水飲みショット(笑)。
もう少し上向きだったら
ベストショットだったかな~happy01
・・・私はやりませんけどね・・・coldsweats01
結構他の国の人たちもやっていて
生まれや育った場所が違っても
考える事は同じなんだな~、と
ちょっと嬉しくなりましたshine





Photo_4こちらは次女のがぶ飲み(笑)。
飛沫が背中の後ろにも
見えているのが実に惜しいcoldsweats01
こういう写真を撮る時、
「もう少し前」
「もう少し上向いて」

と必死になってる旦那が
妙に面白かったりしますflair
どこの家もそんなもんですかねcoldsweats01





Photo_5こちらも定番のドリアンかぶりつき(笑)。
向こうに見えるのがドリアン型の建物で
こういうショットを撮っている人が結構います。
もう少し左向きだったら
ベストショットかな~happy01
・・・って、
私も結構こだわってるじゃないかsweat01
次に行く時は
また長女も背が高くなってるし
学年も上がってるしで
こんなの付き合ってくれないかもしれませんねcoldsweats01





Photo_6こちらは次女の
何だか優しいキス(笑)。
トゲトゲのドリアンに
実際に口つけたら
結構痛いだろうな~coldsweats01
母らは以前ドリアンを試食させて貰った時
「そんなに臭くないし、
        美味しい」

と言っていました。
私はホーカーズで食べた
ドリアンソースのカキ氷にやられてからは口にしてませんが・・・、
美味しいのを食べてみたいですね。





Photo_7こちらは本家のマーライオンと
背中合わせに建ってる
小さいマーライオン。
口から出てる水も
チョロチョロです(笑)。
大きさで言えば
セントーサのマーライオンが
一番大きいみたいですが
私はこのマーライオン・パークにある
2体の親子マーライオンが
お気に入りです。
・・・何か可愛いからhappy01





Photo_8次女もチョロチョロを飲む(笑)。
前にここに来た時は
マーライオン型の置き物とかを扱う
お土産屋さんが並んでいたんですが
今回はありませんでした。
このマーライオン・パークもとても綺麗で
近くに高級ホテルや
新しいビルなどもあって
洗練されている感じがします。
ここで写真撮影した後、
近くの新しいビルにあったスターバックスで休憩をしました。





Photo_9哀愁漂う本家マーライオンの背中(笑)。
『世界最大の観覧車に
     夜のF1GPか・・・。
        すげぇな・・・・・・』

などと思ってるんでしょうか。
(んな訳ないけど;;)
翌日は帰国日になっていたので
観光できるのも
この日が最後でした。
次女の熱が早く治って
ここに来れて良かったです。
夕食はホテルがサービスしてくれた
レストランでの食事でしたshine
(サービスと言うか勝ち取ったと言うか・・・)
それはまた次の記事でhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑰ 9月18日(木) ザムザムレストランのムルタバ

Photo_21銀行での用事が済み、
ブギスへ向かった旦那。
中央に見えるのがサルタン・モスク。
その道向かいにザムザムはあります。
ここも本当はお店に行って
みんなで食べたかったんですが・・・、
次女が熱を出したので仕方がない。
旦那が買って来てくれただけで
ありがたいと思わなきゃですね;;





Photo_22黄色い看板がザムザムです。
お隣も美味しいとは聞きましたが
行った事はまだありません。
よく日本人が来る為か、
以前ザムザム店前にいたお兄さんに
「オコノミヤキ。オイシイヨ」
と日本語で言われ、
ザムザムを目指して来たのに
その言葉に釣られて入ったような感じになって
ちょっと納得いかなかった事がありますcoldsweats01





Photo_23店内。
ここです、
以前オレンジジュースを頼んで
勝手にミルクティを出してくれたの(笑)。
父は前回ここに食べに来た時、
イスラム教の関係で
ここにはお酒は置いておらず
「ビールと食べたらもっとうまいのになぁ」
と残念がっていました。





Photo_24これがムルタバです。
一言で言えばイスラム風お好み焼き。
左上に写っている
カレーソースにつけて食べますheart04
つけなくても十分美味しいんですが、
ピリッとした辛さがたまりませんshine
マトン、ビーフ、チキン、イワシなどがあり
SサイズはチキンがS$5(380円位)、
他はS$4(300円位)。
一つサイズが上がるとイワシ以外はプラスS$1。
イワシはプラスS$2。
Sでも割と量があります。
我が家がいつも食べるのはチキンとマトン。
チキンはカレーをつけなくてもピリリとするので、
子供達はマトンをそのまま食べる事が多いです。
ブリヤニという炒飯みたいなのも美味しいらしいので、
次に行ったら食べてみたいと思いますhappy01
ところで、ここに来たらいつも付きだしのような感じで
まず持って来てくれるのが
でっかいキュウリを薄切りにしたものに
赤いソースがかかったものなんですが・・・。
いまだに何かは分かりませんcoldsweats01
ソースの味は少し酸っぱい感じなんですが
それがキュウリに合っているかと言われれば
合ってない方に一票を投じるであろう私ですsweat01





Photo_25町並み。
中秋節があるからか、
飾りつけされている所が多いです。
夜は電飾が綺麗なんでしょうねshine
シンガポールに来ると
ついつい食べに行きたいお店があるので
リピーターになってしまいがちですが
もっと色々な美味しいお店も
発掘したいとも思いますheart04







旦那は写真のようにお店で食べて来まして、
私達用にはマトンとチキンを買って来てくれました。
父はホテルで食べたので
ビールも一緒に堪能できて喜んでましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑯ 9月18日(木) 朝食 カヤトースト

Photo_16この日はホテルを出て、泊まりたかった
マーチャントコートホテル前を通り過ぎ、
ヤクンのカヤトーストを食べに行きましたheart04
このファッションビル自体が新しいので
このお店も新しかったです。
前は
病院の横かどこかに
食べに行ったんですが
徒歩圏内にあるって便利shine





Photo_17オーダーカウンターはこんな感じ。
ファーストフードみたいな感じで
テイクアウトで買って帰る人が多かったです。
店内はそれほど広くなく、
椅子やテーブルも小ぶりでした。
私達も注文して
席に着いて待っていました。
この時、
次女は眠いと言うので横になってました。





Photo_18これが注文したセット。
コーヒー・半熟卵二個・カヤトーストです。
S$4.2(300円ちょい)。
コーヒーは練乳を入れて飲む、
甘~いコーヒーです。
半熟卵には醤油をかけて食べます。
皆が醤油をかけたのを見て
「ちょっとかけすぎちゃう?」
と言ったくらい広がっていたんですが
自分も少しだけ垂らした程度だったのに
やたらと広がって皆と同じ、醤油が多い見た目になりましたcoldsweats01
同じ醤油でも日本のとは性質が違うのか・・・?
醤油の味は見た目には濃そうですが、そうでもなく
卵とよく合っていて美味しかったですheart04
前回などはこの卵を注文しなかったので、卵セット初体験でした。





Photo_19見た目には二つに見えますが、
4つ入っています。
カヤトーストは
薄~いパンをカリカリに焼いて、
バターとカヤジャムをぬって
もう一枚のパンでサンドします。
カヤジャムはココナッツミルク、
砂糖、卵などで作られているので
まろやかでとっても美味しいheart02
カリカリのパンとバター、
カヤジャムのハーモニーは癖になりますshineshine
このカリカリが良かったのか、長女も食べる事が出来ましたheart04
・・・次女は寝ていて食べられずに終わりましたが;;
友達にはこのカヤジャムをお土産に買いました。
以前はすぐに蓋が外れるようになっていて、
日持ちがしなかったのでお土産には向かなかったんですが
今回見てみたらきちんと密封されていて
賞味期限もしばらくあったので購入決定happy01





Photo_20店内には東京店の写真も。
・・・東京の写真を貼るのは良いけど
旅行気分がそがれるので
日本語で書くのは
出来ればやめてもらえますか・・・coldsweats01
ちなみに窓にも大きく
『カヤトースト』って
カタカナで書いてありましたsweat01
でも店員さんが日本語を話せる訳ではないです。







この後、旧西友のBHGへお土産を買いに行きました。
子供達のクラスに配る個包装のお菓子などを買いたかったので。
一階には手頃なブランドの財布がバーゲンになっていて、
DFSギャラリアで買い換える予定だった財布が
見つかりそうで期待大heart04
・・・DFSは敷居が高いお店ばっかりだったので、
            あっさり断念した私だったのでした・・・;;
『後でゆっくり見ようっと♪』
と、お菓子などが置いてある地下売り場へ行きました。







マーライオンの個包装クッキーなどが見つかり、
これにしようかと言っていた矢先、事件は起こりました。
ゲロリッ!(食事中の方すみません;;)
カヤトーストを出てからもあまり元気が無く、
旦那におんぶされていた次女がいきなり吐きました。
当然、旦那の背中はビッショビショ;;
でも不幸中の幸い、
次女は朝から水くらいしか飲んでなかったので
出たのは水だけで、臭いなどはありませんでした。
でもそのまま買い物を続ける訳にはいかないので、
慌てて母らのお土産分も含めた大量のクッキーをカゴに放り込み、
急いでレジに行って精算し
BHG前にあったタクシー乗り場でタクシーを拾って
取り敢えず旦那と次女に先にホテルへ帰ってもらいました。
すぐ後に来たタクシーに私達も乗ってホテルへ帰り、
当然ながら財布は見れずにさよならになりましたsweat01







ホテルに戻って次女の熱を測ると
高熱ではなかったですが熱がありました。
日本から持ってきていた冷えピタを貼って、水分を取らせ寝かせました。
・・・3回目の病院!?
という考えも浮かびましたが、
そう高熱でもなかったので取り敢えず様子を見る事に。
銀行に用があるという旦那は出かけ、
残りはホテルでゆっくりという形になりました。
次女が寝てから、母と二人で近くのショッピングモールや
出店の多い通りに行き、
甥っ子のTシャツを探しましたがやっぱり見つかりませんでした;;
旦那は昼食用に
食べに行くはずだったレストランのテイクアウトを買って来てくれました。
それは次の記事でhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑮ 9月17日(水) 夕食 鼎泰豊(ディンタイフォン)

Photo_6やって来ました鼎泰豊heart04
ここも今回がお初でしたshine
小籠包で有名なこのお店、
ニューヨーク・タイムズに
世界10大レストランとして紹介された
点心料理専門店なんですよhappy01
今回の旅行で
私が一番楽しみにしていたお店heart02
時間が早かったおかげか、
待たずに入れました。





Photo_7見たまんまですが
お皿やお箸たち(笑)。
注文して、料理が出てくるまでが
待ち遠しいったらありません。
その間に徐々に店内は混雑していって
ほぼ満席になっていました。
この後予定が入っていたので
待たずに入れて
本当に良かったですshine





Photo_8こちら、酸辣湯(サンラータン)。
S$6.8(500円位)。
名前の通り酸っぱいスープですが
さっぱりとしていて辛すぎず、
美味しかったですheart04
具がいっぱいなのも嬉しいheart02
出だし好調で
他の料理にも
期待が高まりますshine





Photo_9

豆苗の炒め物。
S$12(900円位)
これも美味しかった~heart04
繁華街である
オーチャードロードにあって
綺麗なお店で一見高そうに見えたのに
結構お手頃価格なのも嬉しいshine
量もあったので
一皿で十分でした。





Photo_10ワンタンスープだったかと。
S$6.5(500円弱)。
子供達用に注文しました。
こちらも具沢山でなかなかの美味しさheart02
ただ、長女がやはり
食べる事に弱気になっていたので
なかなか手を出せずにいました。
食べ出したのは、
皆がほぼ食べ終わった頃でした。





Photo_11エビの炒飯heart04
S$10(750円位)。
エビがプリプリで、
ご飯はパラパラで
とっても美味しかったですshine
あ~・・・、
記事書いてたら食べたくなってきたsweat01
日本にもディンタイフォンはありますが
東京や名古屋ですからね・・・;;





Photo_12遂に登場、主役の小籠包heart02
10個入りでS$9(700円弱)。
これは4つ頼みました。
4つにしちゃあ
随分高く積まれてますが、
下の部分には蓋が置いてあったと
思われます。
熱々をレンゲにのせて
ヤケドしないように注意しながら
口に運びます。
すると・・・、一口噛んだ途端に
中から熱々の肉汁がぶわ~っshineshine
薄い皮と肉汁、具のハーモニーが
何とも言えない美味しさですheart04heart04





Photo_13アップでもう一枚happy01
この日はお昼に
チキンライスなども食べたので
空腹状態ではなかったのに
あまりの美味しさに
どんどん箸がすすみましたcoldsweats01
しょうがの千切りを少し添えても
美味しかったですheart02
また一つ、行くお店が増えましたshineshine





Photo_14きびきびとした動きで
主に小籠包を作るスタッフさん達。
お客さんの殆どが注文しますし
2個や3個は当たり前なので大忙し。
ビール(S$8・・・これはどこも高い;;)や
例によっておしぼり代、
そしてサービス料10%なども入れて
大人4人、子供二人で
計S$103.65(7800円弱)。
大満足の夕食でしたっheart04heart04





Photo_15そして夕食を終えて、
ナイトサファリへ行きました。
まんまですが夜の動物園happy01
ここもシンガポール動物園同様、
檻がほとんどありません。
ショーを見た後
日本語トラムに乗って園内を一周して、
すぐそばでサイなどを堪能shine
フラッシュ撮影が出来ないのと
トラムに乗っている間に次女が熟睡してしまったのとで
ナイトサファリの写真はこれ一枚だけでしたcoldsweats01
前回は看板前で皆で写真撮ったんですが・・・。







ショーのメインはいつも同じパターンで
大蛇がいなくなった、とショーの最中に慌てたスタッフさんがやってきて
客席を探し始めます。
そしてある客席をパカッと開けた場所から大蛇が見つかります。
出てくる場所は毎回違うので
今回はもしかしたら隠れているかもしれない場所を選んで座ったんですが
残念ながら違う場所から見つかりましたcoldsweats01
以前、白人さんが座っていた席から見つかって
大蛇がいるのを知らずに座っていたのがショックだったのか
大きな声で
「Shit!!(くそっ!!)」
と言ってたのをよく覚えています(笑)。







トラムで回れない場所もあるので
その動物が見たい時は歩いて見て回ります。
今回は次女が寝てしまったので行きませんでしたが
以前はキリンを見に、相当歩いた覚えがあります。
・・・しかもキリンは思いの外遠くにいた・・・coldsweats01
今回は初めて、トラムの最後の方で
ぞうが座って手を振ってくれていたのですが
その頃には次女は熟睡していて見れずじまいでしたsweat01
見れてたらスッゴイ喜んだと思うんですけどhappy01
そんなこんなで病院から始まった5日目も終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑭ 9月17日(水) チャイナタウン散策

Photo_2昼食後、チャイナタウンを散策しました。
こちらは佛牙寺という仏教のお寺。
スッゴイ大きいので目を引きます。
中にも無料で入れるらしいのですが
何だか入る勇気が無くて入りませんでした;;
調べてみたら
2007年に出来たばかりのお寺だと知って
ちょっとビックリしました。
歴史あるものだとばかり思ってましたからcoldsweats01





Photo_4佛牙寺のすぐ近くにある、
スリ・マリアマン寺院。
こちらは1827年に建てられた
シンガポール最古のヒンズー教寺院だそう。
建物が特徴的で高さもあるので
近くで見ると大迫力です。
・・・写真、車が通過しててすみません・・・;;
この日は良いお天気で
日なたにいると
かなり体力を奪われましたsweat01
うまく日陰があると良いんですが
これがなかなか難しく
散策と言っても
すぐに暑さにやられて退散・・・、
となってしまいました。
この辺りは寺院が多いので
興味のある方にはお勧めです。






Photo_5これが寺院のアップです。
この彫刻は
ヒンズー教の神々を描いていて
神話のストーリーになっているそう。
どのようなストーリーなのか知っていたら
もっとじっくり見たくなるでしょうね。
様々な宗教儀式行事や
結婚式なども
ここで行われているそうです。
ちなみに
ここも見学できるみたいなのですが
作法も何も分からないので
入る勇気がありませんでしたsweat01
ちゃんと調べて行かないとですねsweat02





Photo寺院近くのパゴダ・ストリート。
洋服や雑貨、お土産などが
多く並んでいます。
両脇にお店があるので
少し狭さはありますが
この暑い中、
あまり移動せずに見れるのが魅力happy01
少し暑さもしのげますしshine
さぁ、色々見てみましょうheart04





Photo_3チャイナ服、可愛いheart04
長女がまだ保育園だった頃、
このパゴダ・ストリートではないですが
シンガポールで長女用に
チャイナ服を買って帰りました。
シルクではなかったので
かなり安く買えた記憶がshine
そして、最初に試着したものは
長女のお腹ぽっこりが原因で
もう1サイズ大きいものにした記憶も(笑)。





T母が姉に頼まれていた
甥っ子用のTシャツをここでも探しました。
前に母たちと一緒に来た際、
母が甥っ子に買って行った
可愛いモンキーの刺繍が入ったTシャツを
甥っ子はとても気に入っていて
穴が開いた今でも
夏場は毎日のように着ています。
そのTシャツは
FSギャラリアで買ったので見に行ってみたんですが、
かなり改装されていて高級ブランド物ばかりになっていました;;
以前はシンガポールっぽい小物やお手頃な物などもありましたが
とっても少なくなっていて
代わりに敷居の高いお店がいっぱいになってて・・・。
少し中で涼んでから退散したトマト家でしたcoldsweats01
結局同じTシャツは見つける事が出来ませんでした・・・。
う~ん、残念;;





Photo_4MRTで帰路に着きました。
写真は次女。
もうすっかり手慣れていますhappy01
チケットはスイカみたいに
手でかざすだけでOK。
駅はどこも綺麗で冷房もきいていて
電車は次々やってきますし
本当に快適ですshineshine
電車の中で飲食すると
S$500(3万7千円超!)の罰金など、
厳しい決まりがあるので電車内のマナーも良いです。
・・・まぁ、飲み物飲んでる人を私は見た事ありますがcoldsweats01
飲み物と言えば、シンガポールでしか見た事の無い飲み方があります。
飲み方って言うか器の問題なんですけど。
飲み物の器って缶や紙パック、ペットボトルなどが一般的だと思うんですが
シンガポールでは
お祭りで金魚を入れてくれるような巾着袋
(しかも金魚袋同様に透明のビニール)に
コーヒーらしいものを入れて手に提げ、
ストローを挿して飲んでいる人を度々見かけます。
最初に見た時、
ずっと手に提げていなきゃいけない不便さや
何となく清潔には見えないイメージからビックリしたんですが
慣れるとシンガポールらしいなと思いますhappy01
他のアジア諸国でもこの飲み方しているのかな・・・?





Photo_5乗り終わったら
券売機でリターンデポジットを選択して
チケットを入れると、S$1返して貰えます。
日本と違ってチケットが紙ではないので
保証金という形で
料金に組み込まれてるそう。
それでもチケット料金は
S$2もしないので
本当に便利でお得な乗り物ですshine







ホテルに帰って少しゆっくりして、夕食に出かけました。
それはまた次の記事でshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑬ 9月17日(水) 病院&昼食

さてさて、土曜日から始まったこの旅、5日目に入りました。
父の筋肉痛で
今回初の病院体験となりましたが
まさか一度の旅行中に二度も病院に行く事になるとは・・・;;
前日に栄養失調から動けなくなった長女だったので
お医者さんにちゃんと診て貰って
長女に合う栄養補給になるドリンクなどを購入しようと思い、
父がお世話になった病院に電話をして
父らに次女は見ててもらい、旦那と三人で出かけました。







Photoこれは朝の次女(笑)。
部屋のライトが上手い事当たって
サタデーナイトフィーバーみたい(爆)。
写真ではカットしてますが、
実はこの次女パンツ一丁で
そのパンツを腹巻で隠してますcoldsweats01
(腹巻はおへその下から膝上まで伸びてる)
・・・なので見た目は腹巻一丁sweat01
しかも腰に手を当ててポーズしてるしsweat02
どうして常にこんななんだろう、次女・・・coldsweats01







診察は二階だったのでエレベーターに乗らなきゃいけなかったんですが
エレベーターを克服した筈の長女が
診察の怖さからか
病院のエレベーターには乗りたがりませんでした。
一応階段も探しましたが
普通に使用できるのはやっぱり無くて
しばらく長女の様子を見て待っていましたが
乗れそうにありませんでした。
でも一応電話はしてあるので、
取り敢えず受け付けは済ませておかないと
どれ位混んでいるかも分からないし
病院に長くいるのも長女には良くないと思って
「お母さん先に受付して上で待ってるから、
 ○○(長女)は乗れるようになったらお父さんとおいでな」

と声を掛けてエレベーターに乗りました。







受付を済ませたら、割とあっさりと長女が旦那とやってきました。
診察が怖いのは分かりますが
(注射するかもしれないとか、点滴打つかもしれないとか・・・)
体力が落ちてきた事の方が深刻なので
食べるのが怖いなら
それ(注射とか)は必要だったら受け入れなくちゃいけない、と
長女に言っていました。
先生は女性だと聞いていて
名前を呼ばれたので中に入りました。







確かに日本語は話せる先生でしたが・・・、
旦那さんが日本人だという先生でした。
ところどころ何を言ってるか分からなかったり
長女への質問が片言だったりしたので
父の時のような安心感は・・・ちょっとありませんでしたsweat01
今までの状況を説明してから聴診器を当てて診察をして貰いました。
やはり栄養失調みたいなので
注射や点滴ではなく
手術後で固形物を食べられない患者さん用の
溶かして飲む粉末の栄養剤を勧められました。







病院内の薬局でスタッフさんに先生が書いた紙を見せて
売り場まで案内して貰いました。
長女の年齢に合う子供用の物も
大きさや味にいくつか種類があったので
ゴールデンハニー味の5パックくらい入ったものを購入しました。
S$11.2(800円位)でした。







ホテルに帰ってさっそくドリンクを作りました。
袋を開けると はちみつっぽい甘い匂いがしました。
水で粉を溶かしてから、お湯を注いでよく混ぜ、完成。
味は甘いけど、そこまで美味しくはないらしく
少し苦労してましたが何とか飲み干した長女。
しばらく休憩して、お昼を食べに出かけました。







お昼を食べに行ったのは、
チャイナタウンにあるマックスウェル・フード・センターheart04
ここはホーカーズという屋台村みたいなもの。
食べたいものを買って、空いてる席に座って食べます。
ホーカーズはシンガポール内に沢山ありますが、
マックスウェルの規模の大きさはとにかくスゴイsign03
Photo_2こんな感じにお店がずらっと並んでいて
これが5列くらいあるから・・・、
お店の数は100位あると思います。
ここに来たら改めて
『シンガポールに来たな~』
と思いますheart04
青い看板のお店に
人が大勢並んでいるの分かりますか?
ここは
とっても美味しいチキンライスのお店、天天ですshine






チキンライスは最初にシンガポールに来た時、
ガイドブックに一押しで載ってた
某ホテルのチキンライスを食べたのが初めての出会いだったんですが・・・、
正直その時は全然美味しいとは思いませんでしたsweat01
何かの賞も受賞したなんて書いてあって、
鶏肉好きな私は凄く期待してそのホテルへ食べに行きました。
ですが・・・、
一言で表現するなら無味でした。
もちろん三種類くらいのタレもついてたんですが、
それをつけたところで・・・( ̄◆ ̄;)・・・な感じで;;
鶏肉本来の美味しさも感じられず、
ホテルだったのでやたらと高く、
か~な~り残念だったのを記憶していますsweat01
お隣で食べてた日本人女性二人も大量に残してましたし・・・。
(・・・あ、それでも私は残しませんでした。
   食べ物を残すという感覚が無いもので・・・;;)
でも今ではそのホテルも美味しくなったとは聞いています。







それ以後、
シンガポールに来てもチキンライスは食べてなかったんですが
今回は旦那が
「ここのは美味しいと評判だから食べてみよう」
と言うので疑いを持ちつつも再挑戦しました。
結構並んでいたので私がチキンライスに並び、
旦那は別の人気店の列に並びました。
チキンライスを作っているところを見ていたんですが、
ご飯の上に鶏肉をのせて
スープみたいなのをかけて出来上がり・・・といった感じでした。
かなりシンプルな作り方だったし
ホテルでのショックもまだ記憶にあったし
半信半疑でチキンライスを口に運んだ私だったんですが、
その美味しさにすぐメロメロになりましたcoldsweats01
とってもジューシーに蒸された鶏肉は柔らかくて美味しく、
ご飯にも味がしみこんでいて
一緒に食べるとそれはもう・・・heart04heart04
タレもあって自分で器に入れるんですけど
私はタレ無しでもスッゴク美味しかったですhappy02
シンガポールに行ったら食べなきゃいけないお店が
めでたくもまた一つ増えましたshine







Photoこれがチキンライスですheart04
何とお値段は驚きの
Lで一つS$3.3(250円位)sign03
しかもスープ付きshine
最高です、シンガポールheart02
ホーカーズで食事を全部済ませたら
旅行中の食事代は
かなり安くあげられますhappy01
・・・まぁ、他にも行きたいお店があるので
なかなかそうはいかないんですけど・・・sweat01






Photo_2

こちらも人気店、金華の魚のスープ。
旦那が並んで買いました。
このお店の人気商品は
フィッシュヘッドビーフンだったと思うんですが
売り切れだったそうで
旦那が何が良いか聞きに来て
「じゃあフィッシュボールヌードル」
と答えたはずなのに
彼が買ってきたのはスープでした;;
・・・何で?sweat01
理由を聞いたところ
「何か混乱してた・・・」
・・・何に混乱してたんだsweat02
しかと私の答えを聞いたはずだったのに・・・;;
多分S$4(300円位)だったと思います。
しかし、間違えたとは言えこれも美味しかったですheart02
揚げた魚と野菜がいっぱい入ってて
さっぱりしたとんこつスープみたな感じで、
それでいてミルキーな感じがたまりませんshine
フィッシュボールヌードルは前に来た時に
旦那が買って来て美味しかったんで、また食べたかったんですけど
チキンライスとフィッシュスープに満足だったんで良かったですheart02






あとはお粥(これもS$3位が多いですshine)とか食べて
子供達はデザートにカキ氷か何か食べてたと思います。
このマックスウェルには
7つでS$1(75円位)の安くて美味しい揚げパン屋さんなどもあります。
食べ物は前菜からデザートまで何でも揃っていて、
しかも安いのでとっても良い所ですマックスウェルhappy01
今回はこの揚げパン屋さんは並びませんでしたが
いつも結構並んでいて買うのに時間がかかります。
何故かいつも半分キレてる表情で
パンをちぎっては油に投げ込む年齢不詳のお姉さんと
時折そのお姉さんに何やら怒られているお爺さんがやっているお店(笑)。
お客さんが長いお箸を持って自分で油に浮いてるパンをひっくり返し
出来上がったと思われるものはトレーにあげて、
それに砂糖をまぶしてお爺さんが袋に入れてくれるシステム。
ハン・チーペンと呼ばれてるらしいこのパンは
小ぶりで食べやすい大きさになってて小豆がちょこちょこ入っていて、
ふりかけられた砂糖と絡み合って何とも言えない美味しさですheart04
お姉さんの笑顔を見た事が無いのですが(笑)、
それはそれでちょっと楽しいお店ですhappy01






お昼を食べた後、近くを散策して帰りました。
その様子は次の記事でhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑫ 9月16日(火) 夕食

Photo_16ホテルから歩いて
ボート・キーまで行きました。
ここはスーパーボウル(大碗粥)という、
お粥が美味しいお店ですheart04
ここも毎回行ってますhappy01
・・・トマト家の旅、
ほぼリピーターな旅ですcoldsweats01
だって
美味しいんですもんsweat01







Photo_17

お粥は三種類注文しました。
キチンがS$9(700円位)、
種類がどんなのか忘れましたが
CRYSTAL FRESH SHR
とやらがS$15(1100円位)、
DEEP-SEA WHOLE SC
とやらがS$16(1200円位)でした。
・・・レシート見ても分からないなんて;;
ただ、具が沈んでいる事が多いので
見た目はどれも写真と似た感じです。
お粥と言っても、日本のとは少し違って
お米の粒が殆ど残っていない糊状なお粥です。
写真の右下は煮たピーナッツみたいなの。
居酒屋でいう付き出しみたいな感じで
注文しなくても勝手に出てきます。
ちなみにお値段は一人S$1(75円くらい)。
一人に一皿出てくるんじゃなくて
適当に盛られたのが二つ位出てきました。







Photoこれは揚げた豆腐の炒め物みたいなの。
S$10(750円位)
レシートには直訳すると
『蒸し煮にされた豆腐』
って書いてありました。
美味しかったと思うんですが、
昼間栄養失調から動けなくなった長女が
やっぱり食べられないでいたので
そっちが気になって仕方なかったですsweat01







Photo_2これは揚げワンタンです。
S$13(千円くらい)
皮がパリパリに揚がっていて
美味しいんですよheart04
中にはエビなどが入っていたと思います。
ところでここでもお茶代が5人分、
S$5取られていたんですが
ビールを飲んでいる人が二人はいて
ジュースも注文したのに5人分て・・・;;
と、つい思っちゃいましたsweat01
せめて飲み物を頼まなかった人数分にしてくれないだろうか・・・。
あ、ここで子供用に注文したジュース(S$2)が
スポーツドリンクみたいなのでしたが
何故か炭酸が入ってて ちょっと微妙なお味でした;;
長女は当然ながら飲めませんでした。







Photo_3これは揚げパンです。
二つ注文してS$6(450円位)。
初めてこのお店に来た時、
周りの人がみんな
これをお粥につけて食べていたので
二回目の訪問から
注文するようになりました。
お粥だけで食べても美味しいですが
サクッと揚がったパンをつけると
また違った食感で美味しいですheart04
・・・お粥+パン。穀物の競演shine
焼きそばパンや
大阪人がお好み焼きとご飯を一緒に食べる・・・、みたいなもんかなsign02







あとはビール三つでS$13.5(千円ちょい位)。
あ、シンガポールのビールはタイガービールが殆どです。

240pxtigerbeerこういうの。
日本では
あまり馴染みが無いかもしれませんが
タイガービールは
シンガポールに本社を置くビールメーカーで、
オランダのハイネケン社と
アジア・パシフィック・ブリュワリーズ社が
共同で設立したビールの名称・・・
なんだそうです。
ハイネケン社が元々持つ高いシェアを活かして
全世界に安定供給されているビール・・・でもあるそう。





合計S$105.05(サービス料10%含む)で8000円弱の夕食でした。
・・・う~ん、
トマト家が大食漢一家だからなのか!?coldsweats01
長女が殆ど食べないのを考えたら
もっと安く押さえられたような気がするけども・・・sweat01







Photo_4帰り道。
電飾が綺麗だったのでパチリcamera
ボート・キーはお店が沢山あって
(食べ物屋さんが多いですが)
見て回るのも楽しいです。
川沿いのお洒落なカフェでゆっくり・・・とか
良いなと思いますが
小さい子供がいる今の内は
まぁ・・・無理だと思っていますcoldsweats01







Photo_5こちらも帰り道。
左下に小さく写ってるのは
母と次女です。
ここは魚屋さんで
魚やカニ、エビが沢山水槽に入ってて
お店の人も気軽に話してくれたので
次女はいたく気に入って
しばらくここに刺さってましたcoldsweats01
うちのザウルス達は
人見知りも物怖じもしないので
外国向き・・・なのかもしれません。







この日は長女が動けなくなるハプニングはありましたが
何とか終える事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑪ 9月16日(火) シンガポール動物園

Photo_10さぁ、この日は動物園でしたhappy01
まずは21階からの景色shine
5階とはやっぱり違います。
嗚呼・・・、
長女がエレベーター克服してくれたお陰で
この部屋に泊まれた事を感謝confident
前回はあまりの暑さに
さっさと退散した動物園・・・、
今回はどうかなsign02coldsweats01







Photo_11エレベーターホール近くにあるフロア表示。
見えにくいですが
エグゼクティブフロアと書いてますshine
この写真を撮ったのは旦那。
きっと
『エグゼクティブ』の文字を
押さえときたかったんでしょうcoldsweats01
ちなみに朝のビデオ撮りは
殆ど窓の外の天気から入る旦那です(笑)。
「今日も晴れで~す」
といった感じで・・・。







Photo_12タクシーに乗って
シンガポール動物園に到着shine
ここはあの旭山動物園が
お手本にしたという所なんですよhappy01
入園前に
牛のオブジェとパチリcamera
・・・牧場に来た訳じゃないんですがcoldsweats01
何か旅行となると
とりあえず写真に収めよう、
と思う傾向があります(笑)。








Photo_13チケット売り場です。
ナイトサファリとの共通券(トラム付き)で
大人S$45(3400円位)、
子供S$22.5(1700円位)でした。
トラムは暑い園内を走ってくれ、
途中で下車して動物が見れるので
非常にありがたい存在ですshine
全部歩いて見学・・・なんて
考えただけでゾッとしますcoldsweats01







Photoこの動物園の特徴は
何と言っても
動物たちが檻に入っていないところ。
(ナイトサファリも同様です)
初めてシンガポールに来た時、
ナイトサファリでビックリした覚えがあります。
猛獣はさすがに
近くで見れる場所には
ガラス張りがしてあったりしますが
殆どはこんな感じで
すぐそばで動物を見る事が出来ます。
とは言え、動物がその場所から出られないように
溝などがきちんとあるので安心です。







Photo_3大きなオブジェ前にて。
次女はあまりの大きさに
怖がってたような気がしますcoldsweats01
実はこの動物園、
前回初めて訪れたんですがその時の
『暑さにやられて呆気なく退散』
の反省を踏まえて
休憩をちょくちょく挟みながら
水分補給しつつ回りました。
父らも前回の印象がかなり強かったらしく
皆が慎重になっていましたhappy01
園内には休憩所がいくつもあります。







Photo_4なんてカラフルなんでしょうheart04
とっても綺麗でしたshine
こんな色が自然に出るというのが
スゴイなぁと思います。
不思議な動物って沢山いますよね~wobbly
動物の立場からしてみれば
カメラ持って一所懸命自分達を撮る人間が
不思議で仕方ないかもしれませんがcoldsweats01







Photo_5ちょっと分かりにくいですが
体は黒に近いんですが
顔が白くてふっさりとしてるサルです。
こんな風に
自然に近い感じで飼育されてるからか、
おサル達はよく遊んでました。
枝に飛び移ったり
つるにぶら下がったり・・・。
それを見ているのも楽しかったですshine







Photo_6何とも可愛いカワウソheart04
ちょこまか動いていて
その仕草の可愛さにやられますheart02
う~ん、良いなぁshine
前に神奈川のズーラシアに行った時、
確かカワウソが出産した後で
見れなかった記憶があります。
赤ちゃんも可愛いだろうなぁhappy01







Photo_7うちの和歌山のお爺ちゃん・・・じゃなくて
オランウータンの赤ちゃんです(笑)。
ついオランウータン見ると
今は亡きお爺ちゃんを思い出しますcoldsweats01
スッゴイ似てる訳じゃないんですが;;
この赤ちゃんもよく動いてました。
あまりに可愛いので
いっぱい写真を撮って
しばらく見ていましたheart04heart04







Photo_8お茶の水博士・・・じゃなくて
テングザル(笑)。
ここにはガラスが張ってあったと思います。
本当にすぐそばで見れたので
大迫力でしたshine
すっごいカメラ目線だし、
威風堂々といった感じですね。
・・・ジャングルで会ったら
もう駄目だ・・・、と思うだろうなcoldsweats01







Photo_9ワニ(見たまんまですが;;)。
前回来た時、
トラムに乗って途中で降りた場所に
スンゴイ大きいワニが
無数に入ってる水槽があったんですよwobbly
そのワニの大きさ、
(人なんて丸呑み出来る位)
数(水槽にびっしり)にビックリして
鳥肌が立った覚えがあります。
ほとんど動いていなくて寝てる感じでしたが
もしジャングルでそのワニ達に出会ったらすぐに気絶して、
そのまま食われて絶命しそうな予感ですsweat01sweat01
(そんなんばっかり;;)







Photo_10ペリカン。
こちらもカメラ目線(笑)
鳥でも網に囲まれてるところと
そうでないところがあるんですが
どうして飛びださないんだろう・・・と
ちょっと思ってしまいます。
よほどここでの暮らしに
満足しているんでしょうか?
そう言えば大阪の西武百貨店の屋上で
フラミンゴ飼ってたところもあったなぁ・・・。
そこも横の囲いはあったけど天井は開いていて
子供ながら不思議に思いました。







Photo_11マナティ・・・かな?
何だか
このおっとり・ぷっくり感に癒されますshine
可愛いheart04heart04
中から不思議な人間界を
覗いているんでしょうかhappy01
この他、
写りが良くなかったので割愛しましたが
ペンギンなどもいました。







Photo_12はい、こちらは本日のメイン
ゾウ乗りですhappy01
これは一人S$8(600円位)です。
子供は半額。
この写真は長女と私(と他のお客さん)。
前回は母も乗りましたが
中途半端な高さを怖がっていたので
今回はパスしましたcoldsweats01
歩くたびに結構ゆっさゆっさとなります。
コースはそれほど広くなく、
ぐるりと回ったら終わりなんですが
1時から2時の間と短い時間に設定されているのと
確か人数制限もあったと思うので
発売時間前に並んでチケットを購入しました。







Photo_13こちらは旦那と次女(と他のお客さん)。
『一緒に乗ればいいやん!』
と思いましたか?coldsweats01
一緒に乗っても良かったんですが
父らがカメラの撮影に自信が無いとの事で
分かれて乗る事になったんです。
前回次女はまだ二歳だったので
ゾウ上で暴れられたら困る・・・、と
乗らない事にしたので
旦那と共に今回が初ゾウshine
しかし、カメラを使い過ぎた為か充電切れになってきて
撮影ボタンは押せるものの画面は真っ黒のままでした;;
なので適当に角度を合わせて私が撮影したんですが・・・、
何とか撮れてて良かったですcoldsweats01







このゾウ乗りの後、事件(と言うほどでも無いですが;;)は起こりました。
暑い中動物を見て回っていたので
ゾウ乗りの前から長女が影に入ってはしんどそうにしていたのですが
乗り終わったら近くにあったベンチに寝転んで動けなくなりました。
何とか出口まで行かないと・・・と思い
とりあえずトラムに乗って
ホッキョクグマのところまで行きましたが、
トラムは入口から結構歩いた場所で乗るので
ホッキョクグマのところでしばらく休憩する事にしました。
トラムに乗ってる最中、ショーをしているところがあって
「あ、ショー見たい」
と少し起き上がった長女でしたが
やはりきちんと食べていなかったせいで体力が無くなっていたのか
また私の膝に寝転びました。







しばらく経って、
母が姉に頼まれていた動物のTシャツを見に行きたいと言うので
母と私が先に入口付近にあるショップに向かいました。
私達でも暑くて結構距離があると感じるこの道を
長女は戻ってこれるのかな・・・と心配になりました。
しばらくして、父と次女が到着しました。
長女の様子を父に聞いたら
やっぱり動けそうにないので
旦那がおんぶしてこっちに向かうらしい、と。
そして旦那におんぶされた長女は
無事に入口付近まで来る事が出来ました。
この時ばかりは旦那に感謝しました。







そして、前回も暑さにやられて避難した
入口前にあるケンタッキーへ雪崩れ込みましたcoldsweats01
園内に持って入ったペットボトルも飲んでいましたが
やはり冷たい飲み物の美味しさには敵いませんshine
園内にもケンタッキーはあって
そこで食べた小さなチキンのフライを長女が気に入っていたので
それも買って休憩しました。
そして再びタクシーに乗ってホテルへと戻りました。







Photo_14

ベッドで横になる長女。
ずっとちゃんと食べてなかったから
相当体力がなくなってたんでしょう。
私達も暑い中での動物園は疲れましたが
父も私も
前回の印象が強烈だったのと
今回は長女の心配をしつつだったのとで
それほど大変だったとは思いませんでした。
・・・まぁ、
おんぶした旦那は大変だったでしょうけど;;







Photo_15長女の横でおふざけな次女(笑)。
お股全開で
隙間に落ちていくのを楽しんでいますcoldsweats01
ベッドは元々この位置なんじゃなくて
子供が落ちないように
夜はくっつけて寝ているので
昼はこんな感じになっていました。
(ベッドメーキングがあるので)
しかし・・・、
年長さんになった今でも
スカートのめくれを気にしない次女って・・・大丈夫sign02coldsweats01







長女が動けるようになってから、夕食に向かいました。
その内容は次の記事でshine
あ、ちなみに朝はブランチで
ホテルのブッフェをたらふく食べて動物園に出かけましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑩ 9月15日(月) 夕食

Photo_4タクシー二台でヒルマンレストランへheart04
ここはペーパーチキンが美味しい、
大好きなお店の一つですshine
前回シンガポールに来た時もそうでしたが
二階席へ案内され、
円卓に皆で座りました。
このお店は
お姉さんが少し日本語を話しますし
料理を取り分けたりもしてくれます。
少し見えにくいですが看板にカタカナで
ヒルマンレストラン(ペーパーチキン)と書いてあるの分かりますか?
・・・私としては旅行気分がそがれるので
あまり日本語書いて欲しくないんですけど;;
日本語メニューがあるのも有り難いけど・・・ちょっと寂しいような。
一番最初に行った時はこのお店、別の場所にありました。
オープンエアで決して綺麗とは言えないけれど
いかにも地元のお店!って感じで
汗をかきながらペーパーチキンを食べたのが
とても良かったですshine
今は小洒落た感じになっててエアコンも効いてるんですが
以前よりも若干値段が上がったという噂も。
日本人に人気のお店でガイドブックにも載っていますが
地元ではそこまで有名なお店ではない為、
タクシーの運転手さんに店名を言っても
大概分かってくれなくて住所を頼りに行く事が多いです。





Photo_5

これ・・・、何だったかなぁ;;
(おい;;)
この時初めて注文した品で
この旅行中の食事は
長女にかかりっきりだったので
全然覚えてないんです;;
ネットでもさんざん探したんですが
結局どんな料理か分かりませんでしたsweat01
すみませ~ん(><)





Photoこれはチリカンコン
(空芯菜のピリ辛炒め)ですshine
これは美味しかった覚えがheart04
旅行ブログによく載ってた料理の一つです。
もう一つ、皆さんお勧めの
フカヒレと卵の炒め物も
とっても美味しいとの事でしたが
昨日にフカヒレスープ飲んでますし
やはり結構なお値段なので
今回は注文しませんでした。
でも、次に行ったら食べたいなぁheart02





Photo_2これも評判のクレイポット(土鍋煮込み)。
見た目はそうでもないですが(失礼;;)、
魚介や野菜、色々な具が入っていて
とっても美味しいですheart04
具から良いダシが出ていて
スープまで美味しい、
ご飯がすすむ一品ですshine
あ~、今度行ったら
ゆっくり食べたいな・・・happy01





Photo_3さぁ来ました、ペーパーチキンheart04heart04
これはタレに漬け込んだ鶏肉を
特殊な紙で包んで揚げたものです。
中に肉汁がたっぷりと出ているので
白いご飯の上で紙を開けて、
肉汁をご飯に出して
ご飯と一緒にお肉を食べるのが最高heart02
私は鶏肉が大好きなので
このお店は絶対に外せませんhappy01
熱々を食べようとすると
紙が相当熱くなっているので開けにくいという難点はありますcoldsweats01
あと、白いご飯が日本米だったら
どれだけ美味しいか想像するだけでニヤけてきます(笑)





この他タマゴスープも頼んで、料理だけでS$84(6300円位)でした。
(レシートが手書きでそう書いてあるだけだったので
           料理の内訳が分からなかったのでした;;)
ご飯が確か三つでS$3、
常についてまわるお茶代S$5 &
手拭き代S$2.5(何故か6人なのに6で割り切れない;;)、
ビールS$22.5(いくつ注文したか忘れました;;)、
ソフトドリンクS$1.8の合計がS$118.8で
JCB割引が料理10%OFFだったのでS$8.4引いてもらって
S$110.4になりました。
ここはサービス料が無いのでチップを付けて、
計S$125(9400円位)でした。
また次回も食べに行きますshine





Photo_5周辺の町並み。
夜でも人通りが多くて
雰囲気も悪くないので
特に怖いイメージはありません。
ロスの空港周辺などは
結構な怖いオーラがあって
姉と13年前に行った時には
予約してた普通のモーテルをキャンセルして
セキュリティのしっかりした
スイートタイプのモーテルに
急遽変更した覚えがあります。





Photo_6町並み②。
中秋節があるからでしょうか、
町に飾りつけしてあるところが
多かったです。
シンガポールは
自動車や一軒屋はかなりのお値段なので
持っているお家は
相当なお金持ちなんだとか。
郊外にはアパートが沢山並んでいます。





Photo_7帰りは旦那と次女がタクシーを使わず
MRT(地下鉄)に乗りました。
ここはヒルマンの最寄り駅、
ファーラーパーク駅です。
このMRT、次々来るし安いし、
路線が充実してるしで
か~な~り使えますshine
ドアは自動になっていて
モノレールみたいな感じです。





Photo_9駅での次女。
身長90cm以上の子供は
切符がいるという看板とhappy01
こうして
部屋の交渉に始まり
セントーサの水族館に行った一日が
ようやく終わりを告げました。
翌日の予定は
シンガポール動物園ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール旅行’08⑨ 9月15日(月) アンダーウォーターワールド②

Photo水族館を出て、
お土産を買ってから皆でパチリcamera
ちょっと次女は
このサメのオブジェを
怖がってましたcoldsweats01
・・・いや、
お母さんはこのサメより
あなたの突飛な行動のが怖いよ?(笑)







Photo_2・・・大蛇を首に巻いてますsweat01
見て下さい、この笑顔・・・。
長女は虫も爬虫類も大好きで、
水族館の入口近くにあった
大蛇との記念撮影を
嬉々としてやりました。
S$8(600円位)だったかと。
私は苦手なので蛇を少し触ってから
遠巻きに見てました;;
これはまだ小さい方の蛇だったんですが
もっと大きい大人の撮影用のもいて、
撮り終わった後に長女は
「今度はあっち(でかい方)で撮りたい~!!」
とゴネていました;;
そして翌日も蛇と写真を撮りたいが為に
「ねぇ、アンダーウォーターワールドに行こう」
と言ってましたcoldsweats01





Photo_3外には普通~に孔雀がいました。
孔雀・・・と字を書くと
漫画『孔雀王』を思い出します。
・・・読んだ事は無いんですがsweat01
いつもお客さんのおこぼれを貰っているのか、
全然人を怖がっていませんでした。





Photo_4さてさて、冷たいものでも食べて
休憩しようという事になりましたshine
私と父、真剣にどれにするか悩む(笑)。
・・・まぁ、
どうやって注文しようか
ドキドキだった方が強いんですけどもcoldsweats01
子供達は普通のコーンにのったアイス、
私と父はカキ氷を注文する事に。
さぁ、どんなのかな?





Photo_5左がマンゴーソースのカキ氷。
S$3(220円くらい)
右がアイスのせカキ氷。
S$3.9(300円くらい)
どちらも美味しかったですheart04
色々なシロップをかけるのって
贅沢で美味しいと思うんですが
最後に混ざって
色が黒くなるのが難点ですsweat01





Photo_6休憩してた近くで
カメの餌やり体験が始まりました。
もちろん我が家も参加しました。
S$5(400円くらい)だったかな~・・・。
白菜が入ったカップを貰って
ビニール手袋をつけて
カメに向かって投げ込みます。
・・・カメって白菜食べるんだ・・・。
と少し感心しながら、
子供達と旦那をカメラに収めましたconfident
何となくですが
白菜って日本的な印象があります。





Photo_7ちょっと分かりにくいですが
餌を食べてるカメ。
・・・そう言えばキムチも白菜ですね;;
八宝菜にも白菜入ってるし。
アンダーウォーターワールドっていう名前から
勝手に欧米的に感じてたもので・・・coldsweats01
ここはシンガポール、アジアでしたsweat01
うっかりチャップリン♪
(By アンバランス 山本)





Photo_8

帰りはセントーサ・エキスプレスという
モノレールに乗りました。
はじめに入島料を払っているので
これの利用は無料だったと思います。
バスとはちょっと違った景色が
楽しめましたhappy01
何が見えるかな・・・?





21ussこれ、何だと思います?
建設中のユニバーサル・スタジオですmovie
シンガポールだからUSS・・・ですよねhappy01
これもセントーサ島の中です。
開業は
一部が2009年末の予定なんだとか。
・・・どうして一部?
何で全部出来てから開業しないの!?
・・・と、思っちゃいましたsweat01





Photo駅に到着shine
手前に写ってる次女は
もう一回モノレールに乗りたいと言って
ゴネて大変でしたsweat01
この後、しばらくの間
次女の機嫌が直るまで
駅に釘付けのトマト一行;;
座り心地の良いソファに腰掛けて
しばし のんびりしてました。





Photo_3これな~んだflair
新しい部屋にセットされてた、
ぬいぐるみ&記念品&果物です。
さすがエグゼクティブフロア・・・shine
記念品はダイヤル式の鍵と
刃が出し入れ出来る小さなナイフでした。
このナイフ、父らの部屋の分は母が
帰りにうっかり手荷物の中に入れてしまい
空港で敢え無く没収となりました;;







気になっていた部屋は、とても広いとまではいきませんでしたが
最初に泊まった部屋よりも当然広くて
ちゃんとコネクティングルームになっていましたし
シャワーブースもあるユニットバスでした。
エグゼクティブフロアなだけに、やはり内装が全然違っていました。
マーチャントコートホテルへの未練はまだありましたが
この部屋なら良いかな・・・という気になれました。
ちなみにこの部屋は21階。
エレベーターをすっかり克服した長女は
皆がエレベーターから下りるまで
『OPEN』のボタンを押してくれるまでなりましたshine
良かった良かったheart04






さぁ、次の記事は夕食ですheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »