« 次女、初のお弁当の日 | トップページ | ま~た・・・ »

ざるそばさんの三上くん・ファンミーティングツアーレポ 第一弾♪

先日大阪でお会い出来たざるそばさんが、
三上真史くんの『ファン ミーティング ツアー』に参加されました♪
レポのこのブログでの公開を快諾していただきましたので
早速UPさせていただきました(^^)
ブログ用に改行させていただいたのと、
会話の色づけ以外はそのままでの掲載です(^^)
ざるそばさん、本当にありがとうございました!!m(__)m
もう読みながらニヤニしてしまいました、私(^_^;)
とっても細部まで書いて下さって、自分も参加したような気分になれましたっ♪
ではでは、ざるそばさんのレポ スタートですっ!!(^^)v





ええと・・・応募して
「当選しました(つか全員当選だったのですが)」
の通知が来た時から、この二日間のことは、
終わってからも自分のためにしっかり細かく想起しておこうと
心に決めていました。
ので、自分のためだけにレポ書こうと思っていたのですが、
トマトさんが「ざるそばさんのために記事枠用意します♪」
なんてことをもったいなくもおっしゃってくださって、
さらに気合を入れてレポを書くぞ~!と燃えていますが・・・
空回ることは火を見るよりも明らかな気が・・・。




前置きが長いっすね。
長いついでにもいっこ前置きしていいっすか(だめでも書くけど)。
私は私目線でしかレポが書けないので(あれ?当たり前?)、
三上君に無関係のどーでもいいことも書いてしまいます。
そのへんは読み飛ばしてくださればと。





んでは、ようやく始まりです♪



・・・つっても書き出しは
420()の夜から・・・
さっそく読み飛ばし部分ですココ。




金曜日、私は持病の激しい腰痛にみまわれていました。
もともと
20歳頃から腰痛もちでしたが、
産後にぎっくり腰を
4回ほどやってから、
疲れたり雨が降る前日だったりは必ず激しい腰痛が。
歩き方はペンギン
(んなかわいいもんではなく、すんげえ不恰好なガニマタ)で、
階段は一段ずつ足をそろえて昇降。
くしゃみなどは地獄の苦しみです。
そんな状態でしたので
「これから新幹線で
3時間、さらに明日はバスで・・・ムリだ!」と思い、
いきつけのハリの先生のところへ。
以下二人の会話。





「だいぶキてますねえ~。土日は安静にしてください」

「これから東京行くんです。。。」

「はあ、東京。たいへんですね~じゃあ休めませんね~」

「そして明日は新潟までバスなんです。。。」

「にっ新潟!ご実家新潟なんですか?」

「いえ、ただ遊びに行くんです」

「はあ~そうですか・・・じゃあムリしても行きたいですね。」

「もちろんです(力を込めて)

「この時期、新潟って何があるんですか?」

「知りません(きっぱり)」

「はあ~そうですか・・・」




とまあミラクルな会話をしながら施術していただき、
帰りはスキップできるほどに回復!いつもありがとう先生!




結局新大阪を
20時頃に出る新幹線にやっと乗れ、いざ上京!




新幹線はのぞみに乗ったので、
もちろん座って行けたのですが・・・もう京都あたりから腰痛が・・・
名古屋に着いた頃には、ハリの効果はゼロに。
背もたれによりかかれず、直立したまま、
でもそれでもツライので手すりや窓に寄りかかりながら
「早く着け~」と殺気立った顔で祈りつづけました。
長かった
3時間・・・。






ようやく東京着!
もちろんオノボリさんなのできょろきょろしながら新宿到着。
人が多い・・・金曜の夜だからかな~。
「駅から徒歩
4分」と案内書に書いてあったホテルに、
何故か
10分以上かかって到着。
ええ迷いました。

もしかしたら同じように関西や東海方面から来た、
明日の参加者の方がおられないかしらと見回してみましたが私一人でした・・・。





チェックインもそこそこに「マッサージってお願いできますか?」と聞くと、
すぐ呼んでもらえることになって、部屋でしていただきました。
ようやく少し落ち着いて、
翌日は新宿
745分集合だったので、
6時半に目覚ましセットしばったりと寝たのは1時半頃でした・・・。
いつもは枕が替わると寝られないんですが、
この日は腰痛疲れもありぐっすりでした。






さあいよいよ当日。
なんと目覚ましがなる前に起きました私。
普段では有り得ない。
心配だった腰痛も、ほぼ全快!
カーテンを開けると天気も最高です。
昨日コンビニで買っておいたパンを食べ、顔を作り、三上君へのお手紙を書いて、
いざ!と思ったらもう
720分。
よかった・・・
6時に起きて・・・6時半では遅刻するところでした。
スバラシイ私。





土曜日の朝も、新宿は人が多かった。
人の流れについていくと、迷わず、確かに
4分ほどで新宿駅に着きました。
そっから集合場所までがまた???でしたが、
「新宿センタービル」って、いろんなツアーとかの集合場所のメッカなんですね。
名古屋で言う「ななちゃん人形」みたいな。
なのでこれまた大きな荷物を持った人たちに着いていくと自然に着きました。
ヨカッタ。




「三上さんのファンツアーの方こちらでーす」
との声に呼ばれ、受け付けすると
「あなたは
1号車です。しばらくこの辺りでお待ちください」と。
落ち着いて周囲を見回してみると、子ども連れは
2組ほど。
まあ小学生以上参加可だったからそんなもんか。

2組ともお母さんが息子さんを連れておられました。
年齢層も、明らかに
20代!という元気モノたちもいれば、
もしかしておねえさま?と思うような
40代くらいの方もおられて、
よかった・・・私だけおばさんじゃなくて・・・と一安心。
一人で来られている方も多そうでしたが、
小心者の私はまだよう声をかけられずにいました。





しばらくすると
1号車の方はこちらへお越しください」と呼ばれ、
荷物を持って移動。
歩いている時ふと隣り合った方と、ホントにふと目が合い、
自然に「おはようございます」と声をかけあい、
初めて参加者の方とお話をしました。
その方もお一人でご参加、さらにはその方も関西の方で!
まあお導きかしらとさっそく嬉しくてべらべら喋りだす私。





バスガイドさんが
「今から席順のくじ引きをします。
引いた番号の順にバスに乗り、お好きな席にお座りください」
と言われ、
くじを持ってまわってこられました。

10番目くらいに引いたかな?
「まだ一番は出ていません」と言われ、ふーんと思いながらひいたら一番!!
驚き喜びつつ「ああでもここで全ての運を使い果たしたんじゃあ・・・」
すぐネガティブシンキングする私・・・
いつまでたってもネガティブは治りません・・・。





早速一番に乗り込み、
最前列はスタッフの方の荷物が置いてあったので
2列目ゲット!
あまりにウキウキしていたら、前に置いてあった資料を取り忘れ。
後で乗った方に取っていただきました。
この資料が!なんと!三上君手作りの「旅のしおり」!
絵も字も全部直筆のものがカラーコピーされていて、写真も!
ああ、このしおりをもらえただけでも来てよかった・・・と早速感動。





ほぼ
3分の2ほどの人が乗ったあたりでJTBの方が乗ってこられ
2列目までは空けておいてくださいと言われ!がーん!
せっかく座れる位置の最前列をとったのにー!どうなるのー!?
と思っていたら
「一つずつ後ろにずれてください」ということになりました。
遅れてガイドさんが乗ってこられて、席を移動している私たちを見て
「すみません!私がみんな悪いんです!ごめんなさい!」
と自虐的なまでの平謝り。
いやいや、そんなに謝らなくてもと皆が言い、なんだか早速車内がいいムードに。
ガイドさんもかわいい方だし、しょっぱなでいい旅が約束されたようで、
上がり様がないほどテンション上がってました。





お隣の席は、先ほど一番にお話した関西の方で♪
しおりすごいですねーなんてお話してたら!
三上君到着を車窓から確認!!
白いシャツに細めの黒ネクタイ、黒ジャケットに黒パンツで、
添乗員らしく正装って感じでした。
爽やかだ~かっこいい~!
そしてなんと早速
1号車に三上君が同乗されるとのこと!
ひえ~!鼻血出る~!!





さっそうと乗り込んでこられた三上君!
「おはようございま~す!」と元気にご挨拶。
近っ!近っ!!スカイシアター最前列以上の近さ!
その距離約
1.5メートル!正視できない!!
でも、またすぐ降りて別のバスに乗られるだろうし、

11秒をムダにすまいと誓った私は、前の座席の背もたれごしにガン見です。
肌がきれいだ~。
ちなみにスタッフの方は、
JTBの方が3名(男性2名女性1名)、
ヒーローヴィジョンのカメラマンさん
(男性)と編集の方(女性)
三上君のマネージャーさんの計
5名でこられていました。
JTBさんは、3号車まである各バスに乗られ、
マネージャーさんとヒロヴィの方々は三上君と共にバスを移動されていました。






そして出発です。
ツアー主旨のご説明を三上君から。
「ヒーローヴィジョンさんの連載企画で、このツアーを計画しました。
 添乗員に挑戦ということで、
 どんなふうになるか自分でもわかりませんが、
 皆さんと一緒に楽しいツアーにしたいと思います。
 よろしくお願いします!」

・・・何しゃべってもステキ。さわやかだ~。




「お手元に『旅のしおり』があると思いますが・・・
 これもヒーローヴィジョンさんの連載のなかで
 『しおりに挑戦!』ということで作りました」
とのこと。
一つ一つのページに三上君の人柄の良さが現れているようで、
何度も書いてますがこれいただけただけでもう満足です・・・。





そのしおりの初めのページに
「自己紹介しましょう」というのが書いてありまして。
なので早速自己紹介を、このバスでしましょう、ということになり。
「じゃあまず僕から」と三上君。
「え~名前は、三上真史です!」
知ってる知ってる~!!
「ときどき『しんじ』と間違えられます。
 あと『真央(まお)』ともよく間違えられます。
 一回『夏史(なつし)』と間違えられたことがあって、
 ビックリしました」

へえ~そうなんだ~。誰だそんな無礼なヤツは・・・。





ニックネームの話になり、
「この話はビジュボでトークにも出たんですが」と三上君が言うと、
バス中「知ってるー!聞いてますー!」と。
そりゃそうだよね~。
今となっては唯一の情報源。
ツアーに来るほどの三上ファンが聞いてないはずない!
でも三上君は「あ~皆さんご存知なんですか!嬉しいなあ~」って。
そんなことで喜んでいただけるなんて・・・三上君イイ人すぎるよ・・・。
で、ニックネームはビジュボで言ってたのと同じようなことを言われてました。





趣味は「散歩です」と。
みんながノーリアクションだったので「あれっさぶっ」と言われてましたが、
みんな知ってるからリアクションがなかったんですよ~三上君!
特技は「特技ってほどじゃないですが、ギターが弾けます」と。
「今日の夜も、ライブをやろうと思っています」
と三上君が言うと一同大拍手!
期待してます~!!





「このツアーへの意気込み」
に関しては
「どうなるのかな~、
 自分添乗員なんてできるのかな~と不安はありますが、
 一緒に楽しみましょう!」
と。
またまた大拍手!





で、次は参加者が一人ひとり自己紹介することに。
私は「兵庫県から、昨日前乗りして来ました」と言うと、
三上君「えー前日から!皆さんそんな遠い所から?」と。
すると車内口々に「夜行で来ました!」などの声。
「僕のためにそんなにまでして・・・ありがとうございます!!」
またひとしきり三上君感動されてました。





1
号車に乗った方は30名くらいだったのですが、皆さん饒舌!でした。
でまた三上君が一人ひとりのお名前をちゃんと呼んで下さり
「○○です」と言うと「○○さん」というように)、
趣味や特技の話にからむからむ。
実は、これまでのボウケンイベントでのトークでは、
私は三上君のナイスアドリブをみたことがなかったので、
全く余計なお世話ですが
「おしゃべり大丈夫?」と心配していました(全く余計だ)。
でも三上君の転がし方が面白くて上手で。
ホントに楽しかったです。





参加された方の中には
「新潟から来ました。
 今、東京へ来た時と同じ道で新潟に帰っていってます」

と言う方もおられました。
すごいなあ~。
あとは、翌日バドミントン大会だったので
「マイラケット持ってきました」
「経験者です」
「彼氏と練習して来ました」など気合の入った自己紹介が続き、三上君苦笑。
「あの~、みなさんそんなに気合いいれなくてもいいですよ~。
 僕何年ぶりだと思ってんすか?」
と。





ひとしきり自己紹介が終わったらもうバスはサービスエリアに!
時計を見たら、発車してからすでに
1時間!
すごく早く感じた
1時間でした。
三上君ホントしゃべりっぱなしでした。





三上君は
2号車へ移動され、サービスエリアを出発です。
キュートなガイドさんが
1時間もしゃべり続ける添乗員さんは私はじめてみました」と。
「サービスエリアで白いシャツを着た方はたくさんおられるのに、
 三上さんは一人輝いておられましたねー。
 やっぱり違うんだなと思いました」
なんて。褒め方もお上手です。
いやでもホントに輝いてましたけどねもちろん。





その後再び三上君が同乗してくださる時がありました。
そのとき、バスの入口で
「お帰りなさいませ、お嬢様」と一人ひとりを出迎えてくれる三上君。
もったいなすぎる・・・。
で、それを受けて、三上君がバスに乗ってきたときにみんなで相談して
「お帰りなさいませ、ご主人様!」と言いました。
いやほんと
1号車の方々は、ハンパなくノリがよかったんですよ。
それを聞いて三上君「うわ~気持ちいい!」と言ってくれました。
大成功~!





今回の三上君同乗では、紙に書いた三上君への質問に答えるという形でトーク。
「書いてくださった紙を、前にまわしてください」と三上君が言うと
「後ろまで取りにきて~♪」と声が。
「あっじゃあ、
(テストの時の)先生風に」
と言って後ろまで三上君が取りにいきます。
さらに近っ!!
一人ひとりに「ありがとうございます」とお辞儀をして受け取る三上君。
私と隣の彼女は、ペンを持っていなかったのと
何書いていいのか考えすぎてわからなかったのとで書けず。
他にも何人か書いておられない人がいましたが、
集め終わった時三上君「えーじゃあ宿題忘れた者は・・・」と先生口調で。
一同爆笑。
「先生に憧れていたので」ですって。





「じゃあラジオ風にいきましょう」
ということで。
「お名前呼んじゃってもいいんですか?」とか確認しつつ、質問コーナーへ。



順番などは忘れましたが以下のような話が出ていました。




「大学生の頃、どんなことをしていましたか?」
という質問について。
サークルに入りたかったけど、
飲み会サークルみたいのばかりで自分が入りたいサークルがなかった。
じゃあ作ろう、そして作るからには公認にしよう、ということで、
人を集め署名を集めて、晴れて三上君初代部長で
STREETという公認サークルを立ち上げたそうです。
軽音みたいなのかな?
今も健在だそうです。
で、他のサークルは毎週何曜日は絶対行かなきゃいけない、
とかしばりがあったけど、
このサークルではそういうのナシにして自由に来たい時にきてやるようにしよう、
というふうにしたら結構人が集まってくれた、と。
でも、立ち上げた頃が丁度「スウィングガールズ」の撮影が始まった頃で、
サークルに全然行けず、
気が付いたら副部長に部長の座を乗っ取られていた・・・そうです。
(乗っ取り方が)あざやかでしたね~」とさわやかに言っておられました。





「ボーイズ三人での年越しはいかがでしたか」
という質問について。
当初は三人で三上君宅で鍋をする予定だったそうです。
するとタカさんから電話が。
「もう家の前にいるんだけど。海見に行こう。レンタカー借りたから」と。
三上君驚き意味不明で「は?えっと出合君は?」と聞くと
「今から説得する」と。
で、出合君は仕事だったので、
当初出合君は一度家に帰ってから三上君宅へ行く予定だったのに、
仕事から直でレンタカーに「拉致状態」で連れて行かれたそうです。
大晦日に三人で乗った観覧車は寂しかったと。
まわりカップルばっかだったからと。
でも熱い話を三人でしていたそうです。
これからどんなことをしていきたいだとか。






「ファイナルでだるまさんが転んだ等していましたが、
 あれは脚本があったのですか」

という質問について。
初日の浜松を終えたあと、

6人でトークをどうしていこうかということについて、
5時間くらい話し合ったそうです。
で、子どもたちが最近やらない遊びをやろう、ということになったそうです。
それでしりとりやだるまさんが転んだをやることになったと。
で、一応誰が負けてとか筋書きは作るけど、
いざ本番となると真剣勝負になるので、筋書きと違う人が負けたりしたそうです。
で、大阪ファイナルの最後に三上君がやったものまねですが
「誰のものまねかわかりました?」と三上君に聞かれ
「わからなかったー」という大半の声に混じって「板東英二!」の声。
「そうなんです、板東英二さんだったんです!」って。
・・・わかんないよ三上君。
いつもチーフと二人で板東英二をやっているそうです。
で、「他のものまねはー?」とリクエストが入り。
「ガイー!」と映二のモノマネや
「人間の、いやーなにおいだ」とレイのものまねなどご披露されました。
わー、なんかすごいレア♪





「曲作りはどんな時にされますか?」
という質問について。
「夜散歩してる時ですね~。
 あとは自転車乗ってる時とか、ふっと浮かぶんです」
と。
するとやはり「歌って~!」の声が。
「歌ですか~?今晩歌うんですけど・・・」と言いながら
「サイーン♪」とミスチルの「サイン」のワンフレーズだけ歌ってくれました。





そんな楽しすぎる時間も過ぎ、気づけば「せんべい王国」到着。
やっぱり
1時間くらいずっと三上君が仕切ってお話ししてくれました。
もうそれはそれは濃密で幸せな時間でした・・・。
この時点で、たしか
13時半頃?だったかと思います。
旅の
4分の一時点ですでにお腹イッパイでした♪







とりあえず「つづく」にさせていただいてもいいでしょうか。
・・・って、長っ。
ムダに長い・・・。
すみません・・・読みづらい文をこんなに長々と・・・。
もし読んでくださった方がおられましたら、本当に本当に嬉しいです。
ありがとうございます!





このレポを読んで、ツアーの雰囲気の良さや楽しさ、
三上くんの人柄の良さが本当に伝わってきました!!
三上くんはきっと3台のバスどこに乗っても
ずっとこんな風に一所懸命、笑顔で話し続けてたんでしょうね~(^^)(^^)
・・・三上くん、二日間の添乗員さん本当にお疲れさまでした♪
あっ、まだこれは早いですね(^_^;)
ざるそばさん、お忙しい中このレポも大変だったと思いますが、
本当にありがとうございましたっ!!
そしてあつかましくも・・・また続きをお願い致しますっ!!m(__)m
いつでも構いませんのでっ♪♪

|

« 次女、初のお弁当の日 | トップページ | ま~た・・・ »

コメント

きゃあああぁぁ、と絶叫しながら読ませて
いただきました。

三上くんのツアーどうだったのかなって
思っていたのです。

すご~い。
三上くんの笑顔が目の前に見えるようです。

そして、その笑顔を出合くんに置き換えたり
しながら、一粒で二度美味し~い、サイコー
のレポですねっ

出合くんのBDPに三上くんが来てくれた時、
三上くんはトークが上手くて、出合くんは
いっぱいいっぱいで、誰のイベントだよっ
と突っ込みが(爆)

ボウケンメンバーはみんな大好きなので、
また、ファンの方の気持がすごくわかるので
自分のことのように嬉しく読ませていただき
わくわくどきどきしました。

第2弾もう今から楽しみにしてます。

因みにうちのブログでこちらの記事の紹介
させていただきます。
宜しくお願いしますm(_ _)m

投稿: シルバーのプレシャスになりたい | 2007年4月25日 (水) 19時32分

こんばんわ、トマトさん

ざるそばさん、有難うございます☆☆☆
いやあ~~~すごい
嬉しい~~~
詳細レポで~~~

続きも宜しくです
今日は、にこにこ

投稿: ゆきだるま | 2007年4月25日 (水) 21時44分

こちらにも。

ざるそばさん、トマトさん
ありがとうございましたぁm(_ _)m。
いやぁ、すごい濃厚なレポで思わずニヤけながら
読んでしまいましたぁ(笑)。
あぁぁ、行きたかったなぁ、みたいな、
そんなに間近でそんなに接する時間が多いなんてぇ…。
参加された方は本当幸せなひと時だったのでしょうねぇ、
羨ましいです(^^)。
つづきも、楽しみにしていますねぇ(^^)。

投稿: ryoumama | 2007年4月25日 (水) 22時50分

こんにちは、こっちにも参上してしまいました。

最初に、レポ提供の「ざるそばさん」、ブログにUPしてくれた「トマトさん」、
ほんとうにありがとうございます!!
この場を借りて、感謝です!!

ファンミーティングツアー、すごい!!
三上くん、すごい!!
ってなんだかわかりませんよね(?)
でもでも、とってもすごいし、うらやまし~!!
文書を読みながら、ニヤケてしまうのはもちろん、ドキドキ、緊張、現実からと~くに行ってしまいました。

ほんと貴重なお話ありがとうございました。
後編も楽しみにしています。

投稿: チャカチャカ | 2007年4月26日 (木) 13時33分

こんにちは、シルバーさん(^^♪
本当、絶叫ですよね~!!o(^o^)o
もうすっかり自分が行った気になって、
ず~っとニヤけながら読み返してました(^_^;)

私もざるそばさんと同じく、
「三上くん大丈夫かなぁ;;」と思っていました(笑)
アドリブに弱いタイプなので・・・(^_^;)
(いや、決め付けちゃ悪いんですが;;笑)
でも確かに、出合くんはスッゴイ緊張しぃみたいなので、
ファンを前にするイベントではカチコチになっちゃいそうですね(^^)
VSの発表の時、出合くんが緊張しぃって分かってて
諸先輩方は出合くんが喋る時にわざとジィ~ッと見て
出合くんが「見すぎですっ;;」って言うようなエピソードも
ありましたもんね(^^)
演技ではあんなに決まってる出合くんなだけに、
そのギャップがまた良かったりします♪

ブログでの紹介、ありがとうございました~!!
私も続きが楽しみです♪♪

投稿: トマト | 2007年4月26日 (木) 14時20分

トマトさん、こんにちわ☆

わあ~・・・なんかすみません・・・すごくキレイに読みやすくしてくださり、また度々ざるそばの名前を書いてくださり・・・もったいなく申し訳ないです><
そして、感想を書いてくださった皆様、本当にありがとうございます!!
え~っと、気合いは十分なのですがいかんせん筆が遅く・・・でもでも、この幸せな時間をぜひ皆様に少しでもお伝えできたらと思って、ぼつぼつですが書きます。読んでいただけただけでとてもとても嬉しいです!!

投稿: ざるそば | 2007年4月26日 (木) 14時27分

こんにちは、ゆきだるまさん(^^♪
そうですよね~、本当に詳細に書いて下さってビックリです!!w(゜o゜)w
私もずっとにこにこ(・・・と言うか怪しくニヤニヤ;;)しています♪
続きが楽しみですね(^^)

投稿: トマト | 2007年4月26日 (木) 14時32分

こちらにもありがとうございます、ryoumamaさん(^^♪
いや~、このレポ読んでると行きたかったって思いますよねぇ~♪♪
想像してニヤけが止まりませんっ(^_^;)
本当に行かれた方が羨ましいです!!(^^)
続きもきっとニヤけが止まらないんでしょうね~♪
私も楽しみですっ!!

投稿: トマト | 2007年4月26日 (木) 15時09分

こちらにもありがとうございます、チャカチャカさん(^^♪
いえいえ、喜んでいただけてとっても嬉しいです♪(^^)
毎回私も読みながら、相当遠くまで行ってますよ~!!(^^)/~~~
(何回読んでもニヤけますし;;笑)
三上くんの頑張ってる姿が目に浮かびますし、
参加された皆さんの幸せ感がひしひしと伝わってきます♪
私も続きが楽しみです(^^)(^^)

投稿: トマト | 2007年4月26日 (木) 15時13分

こんにちは、ざるそばさん(^^♪
本当に貴重なレポありがとうございました!!m(__)m
もし記事で直したい部分(特に配色や改行など)があったら、いつでも言って下さいね(^^)
お忙しい中ですので、続きは本当にいつでも構いませんっ(>_<)
出来た時にまた夢を見させて貰いますので♪
今はこのレポを読ませていただいてるだけでも、
スッゴイ幸せな気分です(^^)
本当、『お腹いっぱい』ですっ♪♪
ありがとうございますっ!!(^^)(^^)

投稿: トマト | 2007年4月26日 (木) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168551/6207368

この記事へのトラックバック一覧です: ざるそばさんの三上くん・ファンミーティングツアーレポ 第一弾♪:

« 次女、初のお弁当の日 | トップページ | ま~た・・・ »