« 傘職人!? | トップページ | 三上真史くんの新しい旅立ち »

バレンタインの思い出

もう少しでバレンタインですね♪

主婦の私は子供たちと共に旦那にチョコを渡すくらいで、
ドキドキも何も無いんですが;;
初めて渡したチョコもドキドキなんて無かったですね(^_^;)
何せ相手が担任の先生だったんで(笑)



小学校三・四年生の担任だった I 先生。
皆を平等に扱い、子供の目線で一緒に楽しく遊んでくれ、
クラスで起きた問題にも真剣に取り組んで皆が納得する収め方の出来る、
素晴らしい先生でした(^^)



ま、顔はゴリラだったんで皆 I ゴリラと勝手に呼んでましたが(笑)、
ちょくちょく本人にも聞かれてたし公認のあだ名でした(^_^;)
先生の家に遊びに行ったのもこの先生が最初で最後、
年賀状もいまだに毎年出してます♪



私が送った学生生活の中で、
この先生ほど生徒側に立って考えてくれる先生はいませんでした。 
一・二年生の担任がエコヒイキはするわ、
取り上げた物を学年が終わっても返してくれないわ、
遊ぶ時間に勉強のやり直しはさせるわ、
機嫌によってコロコロ態度が変わるわで
『先生』というイメージが最悪だった私の認識を、
一気に拭ってくれたのが I 先生でした。 
・・・まぁ、逆に I 先生が特別な先生だったと
五・六年生以降(中学・高校含めて)の担任で分かったんですが・・・・・・。



I 先生はクラスに学級図書と言って
各自が好きな本を持ち寄り好きな本を借りて読む、
というものを作りました。
普通の先生なら『漫画はダメ』と言いますが、 I 先生はOKで、
先生まで『かりあげくん』や『ドラえもん』のローテーションに入ったりして、
先生が返すのが遅れたりして
「先生、早く返して。順番待ちしてんねん」 と迫られたりしてました(^_^;)

かりあげクン 41 (41) Book かりあげクン 41 (41)

著者:植田 まさし
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ↑四コマ漫画。 これ教室の机で読んでた先生はよく大笑いしてました(^^)



先生は社会が大好きで、五・六年生になると始まるクラブ活動にも
社会科クラブというものまで設けてました。 
社会の時間にちょっと横道にそれるような質問をしても
嬉々として色々な話をしてくれ、
教科書に載っていないことまで楽しく学ぶことが出来ました。 
「五年生になったら、社会科クラブに絶対入る!!」
と決めていましたが、
私が五年生になった時には『定員割れが多い』との理由から、
無くなってしまい入ることが出来ませんでした。 
・・・廃部をあと一年待ってくれたら、
定員割れなんてさせなかったのにな~・・・(>_<)



先生は『梅干』と『ラッキョウ』が嫌いでした。 
よく 「嫌いな食べ物でも体に良いんだから、食べなさい」
と今も言いがちですが(私も子供に言ってますが;;)、
先生は 「何にでも、頑張っても無理なものはある」 と言ってました。 
教科書通りの堅苦しさではなく、等身大の飾らない先生の姿勢が、
子供たちを惹きつけたのかもしれません。



そんな先生にどうやってチョコを渡したかと言うと、
友達と一緒に職員室へ持って行きました。 
・・・今ならメチャクチャ怒られそうですが(^_^;) 
I 先生は 「ホンマはあかんねんけどなぁ」 と言いながらも、
嬉しそうに受け取ってくれました。 
本当に好きな人に初めてチョコをあげた、という意味では
間違いなく I 先生が初めての人でした。 
当時結婚してなかったら、
絶対 「将来 I 先生のお嫁さんになる!」 と言ってたことでしょう(笑)



I 先生は社会好きから、中学の社会科の先生に替わられたようです。
多感な時期に I 先生と出会える子供達、
その出会いは一生の宝物になるかもしれません。



世の中に I 先生のような先生ばかりだったら、
もっと学校を楽しいと思える子供達が増えるのになぁ・・・、
と思わずにはいられません。


私の娘たちも、 I 先生のような先生に出会えますように・・・♪

|

« 傘職人!? | トップページ | 三上真史くんの新しい旅立ち »

コメント

こちらでも
素敵なバレンタインの思い出
有難うございます

そんな思い出、娘さんたちも
できるといいですね

投稿: ゆきだるま | 2007年1月30日 (火) 22時12分

こちらにも。
ステキですねぇ(^^)。
思い出あるっていいですよね。
私は…、バレンタインは、ない…カナ…(爆)。

素敵な先生ってなかなか会えませんよね…。
私は先生運、かなり悪かったので…。
娘さんも、よい先生にめぐり合えて、
いい思い出が出来ると、いいですよね(^^)。

投稿: ryoumama | 2007年1月30日 (火) 23時24分

おはようございます。トマトさん。

三上くん、やっぱり事務所移転だそうですね。
ブログも一時閉鎖になるとのこと。

トマトさんのことが心配で来てみました。

三上くんにこれからいいお仕事をしてもらう
ための、事務所移転だとは思うんですが。

スムーズに事が運んで、早くブログ再開して
欲しいですね。

最近ではすっかり三上くんお気にになった
シルバーも案じてます。

ではでは。

投稿: シルバーのプレシャスになりたい | 2007年1月31日 (水) 09時14分

こちらにもありがとうございます、ゆきだるまさん(^^♪
いえいえ、素敵だなんて言っていただいて・・・、ちょっと赤面です(^_^;)
本当に娘たちにも良い先生との思い出、作ってもらいたいです(^_^)

投稿: トマト | 2007年1月31日 (水) 11時29分

こちらにもありがとうございます、ryoumamaさん(^^♪
私もこれ以外はロクな・・・と言うか、思い出すのも嫌なものが多いです(笑)

先生って、必ず接しなきゃいけない人なのになかなか良い人に巡り会えないって辛いですよね。
私もこの先生以外は、本っ当にもう・・・(>_<)
娘たちには、沢山の良い先生に巡り会って欲しいです♪

投稿: トマト | 2007年1月31日 (水) 11時39分

こんにちは、シルバーさん(^^♪
わざわざ心配して来て下さって、ありがとうございます~!!(T_T)

私もこれが、三上くんにとって良い環境を整える為だと思っております(^^)
ブログ休止は寂しいですが、きっとまた再開してくれると信じています♪

三上くんが選んだ道、心から応援していきますo(^_^)o

投稿: トマト | 2007年1月31日 (水) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168551/5136510

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインの思い出:

« 傘職人!? | トップページ | 三上真史くんの新しい旅立ち »