« 久々の焼肉♪ | トップページ | 真夜中の出来事 »

ピーターアーツ準優勝!

今夜、2006年 K-1王者が決定しました。

セーム シュルト選手が昨年に続き、二連覇を達成しました。


実は私も旦那も格闘技が好きで、
結婚前は二人でK-1のファンクラブに入っていました(^_^)



その時のK-1は、今はベテランと言われている 
ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、
そして今は亡きアンディ・フグの実力・人気共に全盛期の頃で、
私はピーター・アーツが大好きでした(^^♪




アーツは三回もK-1グランプリで優勝した実力者でありながら、
格闘技っぽくない優しい顔立ちで、
ファンを楽しませるのがとても上手いエンターテイナーです(^^)v


ある時はプロレスの「nWO」、
またある時は「ORANDA」と書いたコスチュームで登場して
(アーツはオランダ出身です)、ファンを笑わせてくれました(^_^)


彼はスロースターターなので見ているこっちはちょっとヤキモキしますが、
三回目の優勝時にはオール1ラウンドKO勝ちという偉業を達成しました。




36歳を迎えた今年、
リザーブマッチ(怪我などで選手が試合に出られなくなった場合、この試合の勝者がその選手の代わりに試合に出るというもの。もし怪我人などが出なければ、出場機会は無い)からのスタートでしたが、見事に決勝まで進み、
惜しくも優勝は逃したものの偉大な結果を残してくれました。




正直言って決勝は、
出来れば今大会で引退を迎えるアーネスト・ホーストとやって欲しかった・・・!!(>_<)




ホーストがシュルトに判定負けしたのが残念でなりません(T_T)



アーツとホーストの最後の対戦は、K-1オランダ大会となってしまいました・・・。
それの何が悔しいって、アーツはその時、準備万端で臨めなかったこと!!


本当はホーストVSボブ・サップだったのに、
サップがいきなり試合会場から帰っちゃったんで、
確か現地用解説席にいたアーツがいきなり出ることになって・・・。




準備が出来てないのに、良い試合をしろって方が無理ってもんですよ!
つまらない試合内容にブーイング・・・ブーイングはサップにやってくれ!!



K-1黄金時代を支えた二人の最後の対戦があれだなんて・・・
あぁ悔しい~(>_<)
ホーストはもう引退ですが、アーツはまだ頑張ってくれると思います(^^♪




何たって華がありますから!!
今日の決勝も、会場のほとんどの人がアーツを応援していたように思います(^_^)



大きいシュルトに向かっていく、格闘家としては決して大きくないアーツ!
体格の違いを感じさせない位、キレのあるローキック!
シュルトのパンチがいくら入っても、
ベテランの意地を見せつけるかのように、返していくパンチ!



一度ならずシュルトを追い詰めたんですが、
その時の会場の盛り上がりは相当なものでした(>_<)




3ラウンドを戦い抜いて、
判定負けはしましたがアーツに心から拍手を送りたい!!



ベテランと言われながらも、
いつも最前線でK-1を引っ張っていっているアーツ。
引退はまだまだ、ファンが許しませんよ(^^)v


ちなみに・・・、
ファンクラブに入っていたのでK-1選手が参加する、
ファンクラブパーティーに何度か参加したことがあります。


今は実刑確定(?)の石井館長と握手したことがあります(^_^)
そしてマイク・ベルナルドのサイン入りTシャツを抽選で、
アーツのサインをゲームで貰いました(^^)v
今も大事にとってあります。


やっぱりファンクラブって良いですねぇ(^^♪
三上くんのファンクラブもその内できるかな?

 ↓昔のですが・・・、アーツが中央に写ってるので♪

K-1 GRAND PRIX’99 ALL STARS 開幕戦 DVD K-1 GRAND PRIX’99 ALL STARS 開幕戦

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:1999/12/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 久々の焼肉♪ | トップページ | 真夜中の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168551/4405069

この記事へのトラックバック一覧です: ピーターアーツ準優勝!:

» 芸能情報、スポーツ、ニュースなどについて。 [ニッチな日常の日記]
芸能情報、野球、サッカー、格闘技、政治、テレビ番組等、徒然なるままに。 [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 04時09分

« 久々の焼肉♪ | トップページ | 真夜中の出来事 »